閉じる

リーダーシップとは? 求められる力やマネジメントとの違いを解説

リーダーシップとは? 求められる力やマネジメントとの違いを解説

組織目標を達成するために、組織をけん引するリーダーシップは重要な能力です。部門や部署、あるいはプロジェクト単位において、リーダーシップが求められる機会は多岐にわたります。働き方改革やテレワークの推進などにより、今後さらにリーダーシップの重要性は高まるでしょう。この記事ではリーダーシップとマネジメントとの違い、リーダーシップの種類などについてわかりやすく解説します。

リーダーシップとは

リーダーシップとは? 求められる力やマネジメントとの違いを解説_1

リーダーシップとは組織をけん引する能力のこと。部門や部署、プロジェクトなど規模の大小を問わず、組織目標を達成するために求められます。組織目標を伝えたり、組織目標がいかに経営方針とリンクしているかを伝えたりすることも、リーダーシップに必要な能力です。リーダーシップは組織目標の達成を目的として、組織のメンバーに対して影響力を行使するものといえます。

たとえば、受注額の目標と共に、「昨年比10%の業務効率化」が今期の営業課の目標として掲げられたとしましょう。営業メンバーにとっては、業務効率化はつい脇に追いやりがちな目標かもしれません。そこで、リーダーはリーダーシップを発揮し、メンバーに対して目標を達成させるよう動機付けをしていきます。メンバーのなかには「受注額だけを目標にしたい」と考える者もいるでしょう。どんな考えを持つメンバーに対しても、組織目標を達成するために動機付けていくことがリーダーシップです。

PM理論とは

リーダーシップにはさまざまな経営理論があります。そのなかでもPM理論は、リーダーシップの古典的な考えの1つとして知られているもの。PM理論とはリーダーが取るべき行動に着目した行動理論で、1966年に日本の経営学者・三隅二不二(みすみ じゅうじ)により提唱されました。リーダーシップにおいて「目標達成機能」(Performance)と「集団維持機能」(Maintenance)のいずれを重視するか、PとMの2つの軸でリーダーシップを説明しています。

工場現場を例に挙げて見ましょう。工場長が作業員に品質や安全ルールを守らせること、ルールを守らせるために作業員に強く伝えたり守れなかったときに叱ったりすること、高い品質目標を掲げるなどの行動がP行動です。これに対し、工場長が作業員の意見に耳を傾けたり、作業員の間で対立が起こったときにそれを解消するため働きかけたりする行動がM行動となります。

PM理論では、どちらの行動だけが優れていれば良いということではなく、PとMどちらも強い状態が理想的なリーダーとされます。たとえば、MよりもP行動の方が強いときは、ルール遵守や計画の実行などにおいてメンバーを動機付けることができるので、短期的な成果を上げることが可能です。
しかし、M行動が弱いと人間関係への配慮が小さくなるため、長期的に見れば組織内の関係性が悪くなったり、成果を出し続けたりすることが難しくなります。ですから、PとMのどちらも強い状態が理想的といえるのです。

マネジメントとの違い

マネジメントとリーダーシップは相互に補完する関係にあります。組織目標を達成するという目的は同じですが、リーダーが取るべき行動が違います。組織を維持して統制することがマネジメントに求められる行動であるのに対し、リーダーシップは組織を変革して環境の変化に対処する行動を示すからです。

オフィスビルにレストランを構えるA社を例に、リーダーシップとマネジメントの違いを考えてみましょう。新型コロナウイルス感染防止の観点から、テレワークが浸透してきました。テレワークが進むとオフィスに人が来なくなり、A社の店舗は売上減少を余儀なくされていきます。このとき組織を維持し、統制するマネジメントだけでは変化に対処することができません。変化に対処するリーダーシップが必要になるのです。

リーダーシップの種類

リーダーシップとは? 求められる力やマネジメントとの違いを解説_2

リーダーシップにはさまざまなタイプがあります。レヴィンとゴールマンの2人のリーダーシップ研究を元に、リーダーシップのタイプを見ていきましょう。なお、どのリーダーシップがベストということではありません。会社の組織風土や事業内容、短期的・長期的な成果などといった視点から、自分の組織にとってより良いリーダーシップを選んでいくと良いでしょう。

クルト・レヴィンが提唱した3種類のリーダーシップ

クルト・レヴィンはドイツに生まれ、アメリカで活躍した心理学者です。レヴィンは、リーダーシップを「専制型リーダーシップ」「民主型リーダーシップ」「放任型リーダーシップ」の3つに分けました。それぞれがどのような意味を持つのか、確認していきましょう。

①専制型リーダーシップ
専制型リーダーシップは、メンバーの行動・意思決定のすべてをリーダーが決めます。専制型リーダーシップの下では、メンバーには自主性が育たず、リーダーの指示を待つ受け身の姿勢となります。強いリーダーシップを発揮すれば、短期的に高い成果を上げることができるでしょう。

専制型リーダーシップでは、メンバー1人ひとりの能力よりもリーダーの強い能力に依存しています。そのため、メンバー個人の能力向上や成長を見込むことは困難です。メンバーもお互いに関心を持たずリーダーの方を向いて仕事をするため、チームワークがおろそかになってしまいます。

②民主型リーダーシップ
民主型リーダーシップにおいて、リーダーはメンバーが意思決定できるようサポートします。リーダーは助言をおこなうもののメンバー決定を尊重。メンバーが自ら計画や実行手段、進捗管理などについても考えるため、組織内の自主性が高まります。また、コミュニケーションが活性化するため、チームワークも向上するでしょう。間違った方向にメンバーが進んだ際にも、リーダーが介入するため軌道修正がききます。時間はかかるものの、組織として大きな成果を上げられるようになります。

一方、民主型リーダーシップはメンバーや組織が成長するのに時間がかかるので、短期的な成果は見込みにくいでしょう。

③放任型リーダーシップ
放任型リーダーシップは、メンバーの意思決定や行動にリーダーが関与せず、すべてメンバーに任せきりとなります。組織を導くリーダーが介在しないため、メンバーはどう行動して良いかわかりません。ですから、メンバー間のコミュニケーションが活性化せず、目標達成も上手くいかないことが多いでしょう。

ただし、組織に属する個々のメンバーの能力が高く、自律的であれば放任型リーダーシップが上手く機能します。上司の承認を待たずメンバー間で決定していけるので、仕事が早く進んでいくでしょう。組織目標を達成するために、コミュニケーションも活発におこなって成果に貢献します。

ダニエル・ゴールマンが提唱した6つのリーダーシップ

リーダーシップとは? 求められる力やマネジメントとの違いを解説_2_2

ダニエル・ゴールマンはアメリカで活躍した心理科学者です。彼は、リーダーシップのタイプを6つに分けて説明しました。

①ビジョン型リーダーシップ
ビジョン型リーダーシップは組織としてのあり方・ビジョンを明確に掲げ、メンバーを導いていきます。前向きなリーダーシップのタイプであり、目標達成の手段の決定をメンバーに委ねるため、組織の自律性が高まります。

ビジョン型リーダーシップでは組織目標を達成するにはどうしたら良いか、メンバーによく考えて決定させます。そのため、目標達成行動においてもメンバーはよく納得していますし、組織への帰属意識も高まるのです。

②コーチ型リーダーシップ
コーチ型リーダーシップは、リーダーとメンバーの「1対1」の関係を重視するタイプのリーダーシップです。メンバーの能力、強み・弱みなどについてリーダーが把握し、かつメンバーに気付いてもらいながら仕事を進めます。そのため、メンバーは自身の能力をよく理解し、能力に合った仕事を割り当てられることで能力向上のビジョンを描きやすくなるのです。

③関係重視型リーダーシップ
関係重視型リーダーシップはリーダーとメンバー、メンバー間の人間関係を重視して組織目標達成を目指すタイプです。良好な人間関係を重視するので、組織に属するメンバーは働きやすいといえます。

一方、組織目標を達成するには、メンバー同士の対立を克服する苦しさも必要です。人間関係を重視する余り、組織目標と乖離(かいり)した組織風土にならないよう、リーダーは注意しなくてはいけません。リーダーとメンバー共に、組織内のコミュニケーションに時間を取られ過ぎる難しさもあります。

④民主型リーダーシップ
民主型リーダーシップは組織目標達成に向け、リーダーがメンバーの意見を広く受け入れていきます。多様な意見やアイデアが生まれ、組織内のチームワークも高まるでしょう。意見を言えなかったメンバーも言えるようになるので、意見を表明しやすい組織を作ることが可能です。一方、意見を聞き過ぎて組織がまとまらず、組織の方向性があやふやになるリスクがあります。

⑤ペースセッター型リーダーシップ
ペースセッター型リーダーシップは、リーダー自身が高い成果を示して組織内を鼓舞するタイプです。意欲的で能力が高いメンバーが集まっている組織では、ペースセッター型リーダーシップが有効に働きます。また、高い目標を達成するときにも、メンバーに対して達成のプロセスを見せるので効果的です。

一方、リーダーの行動にメンバーがついてこられない場合、目標達成のためにリーダーが自ら動かなくてはならずリーダーが疲弊してしまう可能性もあります。

⑥強制型リーダーシップ
強制型リーダーシップは、リーダーの権力によってメンバーに言うことをきかせるタイプです。リーダーが決定権を握り、メンバーは絶対服従します。短期的に絶対に達成することを会社から求められる場合には、強い効果を発揮するリーダーシップです。通常の組織運営においては、強制型リーダーシップではメンバーが何も考えなくなるので、成長を見込むことができません。チームワークの発揮も難しくなるでしょう。

リーダーシップの目的

リーダーシップとは? 求められる力やマネジメントとの違いを解説_3

リーダーシップを発揮するための目的は大きく分けて3つあります。目的を明確にすることで、どういった場面でどのようにリーダーシップを行使すべきかがわかります。その結果、的確に効果を発揮できるでしょう。

①目標を達成するため
リーダーシップが目指すのは組織目標の達成です。組織目標を明示せず、自律的にメンバーが動いてくれることはありません。組織をけん引し、メンバーに動機付けるためにリーダーシップが必要です。

②組織内の結束を高めるため
組織内の結束を高め、団結することもリーダーシップの目的です。組織にはさまざまなメンバーがいます。性別や年齢、国籍などは多様ですし、そもそも個々のメンバーは価値観や考え方、仕事の進め方などが違うでしょう。どのようなメンバーがいたとしても、組織内の結束を高めることで組織の士気が上がり、生産性・効率の向上につながります。

③個人の成長を促すため
メンバー個人の成長を促進することもリーダーシップの目的です。各メンバーにリーダーが向き合って現在の能力値を把握。目標を設定して、能力を高めるために仕事や課題をアサインすることで、メンバーの成長を促すことができます。

リーダーシップスタイルとは? 求められるのはこんな人

リーダーシップとは? 求められる力やマネジメントとの違いを解説_4

リーダーシップスタイルとは、リーダーがチームをリードして成功に導くための方法を指します。代表的なリーダーシップスタイルは下記のようになり、状況に応じて使い分けることがポイントです。

ビジョン型

 

リーダーが持つ夢や目標をチーム全体で共有してモチベーションを向上することで、新しいアイデアや変化に信頼を生み、前進を促すことが可能です。同時に、チームの結束力を高めることにも優れています。
ビジョン型に必要な能力として、目標設定力が挙げられます。組織の目標は会社の経営方針と切っても切り離せません。そのため、会社目標と組織目標をしっかりとリンクする力が重要です。できるだけ具体的に、数値化できるところは数値化して目標を設定する必要があります。

コーチ型

チームのメンバーの特徴を見極めて、能力向上の支援ができます。明確な期待値を設定して、モチベーションの高い環境を作ることが得意です。
コーチ型に必要な能力として、アセスメント力があります。個々のメンバーの力量を見極め、評価して適切に把握するための能力です。また、能力向上を支援するためには、メンバーに自律的に動いてもらわなくてはなりません。コーチ型ではコミュニケーションスキルが求められます。

親和型

チームのメンバーとの感情的なつながりを作り、友好関係を築きながら成功へと導くことができます。親和型では組織内の友好関係、信頼関係を重視するためコミュニケーションスキルが必要です。

ペースセッター型

パフォーマンスを重視して高い目標基準を設定する傾向にあるため、短期間で成果を出すためには効果的です。ペースセッター型で求められる能力が、目標設定力や主体性・当事者意識など。主体性・当事者意識とは、誰かに命じられておこなうのではなくリーダーが率先して取り組む姿勢のことです。
ペースセッター型では、リーダーがメンバーに目標達成に向けた行動を示していきます。高い目標を設定し、率先して取り組む主体性・当事者意識を見せていく必要があるのです。

変革型

チームの目標設定とモチベーションの高い環境を作ることができ、コーチ型と似たスタイルです。ただし、常にチームの監修として全体を見ることで、個人ではなく組織全体の目標達成をゴールと据えています。テレワークやDX化が推進される昨今では、「チームのパフォーマンスを最大限に発揮するスタイル」と「変化を予測して仮説と検証を立てながら行動できるスタイル」が特に注目されています。

リーダーシップを身に付ける施策

リーダーシップとは? 求められる力やマネジメントとの違いを解説_5

リーダーシップを身に付けるため、企業がおこなう施策例を紹介します。

リーダーシップ理論を深める

先述の通り、リーダーシップにはさまざまな種類があります。会社の組織風土や事業内容、短期的・長期的な成果から自身の組織に合ったリーダーシップを発揮するためにも、リーダーシップ理論を深めることが大切です。そこで、オンライン学習を用いてリーダーシップの概要と重要性の理解を深めます。理解度テストがあると、より理解しやすくなるでしょう。

育成用の研修プログラムの用意

リーダーシップの発揮を促すためには、育成用の研修を実施することも重要な手段です。研修選びで重要なポイントは、演習が多く、実務で活用しやすいカリキュラムが多いこと。リーダーシップの講義を聴くだけでは、実践でどう対処したら良いかがわかりません。講師や受講者が上司や部下などの役割を任じながら、職場で使える演習を取り入れている研修を選んでいくと効果的です。

まとめ

組織目標を達成するために、リーダーにはリーダーシップが求められています。ここではマネジメントとリーダーシップの違い、リーダーシップの種類・目的、リーダーシップスタイルや能力について解説しました。リーダーが束ねる組織によって、求められるリーダーシップは違います。リーダーシップを身に付ける施策も、ぜひ参考にしてください。

《ライタープロフィール》
山崎英理夫
人事コンサルタントとして教育研修のプログラム開発、人事制度診断等を提供。また、  企業人事として新卒・中途採用に従事し、人事制度構築や教育研修の企画・運用など幅広く活動。この経験を活かし、人材関連の執筆にも数多く取り組む。