閉じる

マネジメントの記事一覧 (1/1)

民法改正により賠償額の上限額が必須に。身元保証書の意味と必要性を考える

民法改正により賠償額の上限額が必須に。身元保証書の意味と必要性を考える

社員が新たに入社するとき、雇用契約書に加え、身元保証書の提出を求める企業があります。身元保証書は提出が義務づけられておらず、法的な制限は発生しないものの、雇用側が必要だと判断した場合には要求することが可能となっています。 この身元保証書には、雇用側が知っておくべき役割があり、採用後のトラブル防止にも有効です。さらに2020年4月の民法改正により、身元保証書の取り決めにも大きな変更点が生じています。「内容は理解していないが、ひとまず身元保証書は提出させよう」と思っていても、変更点を反映させていなければ、身元保証書が無効になってしまうことが考えられます。 今回は、身元保証書の役割や約120年ぶりの民法改正で変更された取り決め、活用するシーンについて解説します。

カテゴリー一覧