閉じる

アウトソーシングとは?派遣契約との違いやメリット・デメリットを解説

アウトソーシングとは?派遣契約との違いやメリット・デメリットを解説
企業が事業を進める際、業務を外部に委託する「アウトソーシング」という手法があります。近年は「BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)」という新たな形態も注目されています。本記事では、アウトソーシングの意味やBPSの解説、派遣契約との違い、それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

アウトソーシングとは?

アウトソーシングとは?派遣契約との違いやメリット・デメリットを解説_1
アウトソーシングとは、簡単に説明すると、業務の一部を外部に任せることです。外部委託・外注・業務委託などとも呼ばれる、必要な人材・サービスを外部(アウト)から調達(ソーシング)し、効率的に業務を進める経営手法をいいます。

もともとは情報システム部門や会計・財務など、専門分野の外注をする際に使われていた言葉ですが、現在では、経理、総務、人事、法務といった管理部門の業務をはじめ、営業、製造、研究開発、Webサイト運用、コールセンター、カスタマーサポート、テレマーケティング、マイナンバー管理など、あらゆる業種に広がっています。

委託側企業・受託側企業の意味

アウトソーシングは、「委託側企業」と「受託側企業」の契約によっておこなわれます。それぞれの意味を確認しておきましょう。

委託側企業
必要な人材やサービスを外部に依頼する企業のことです。

受託側企業
必要な人材やサービスを外部に提供する企業のことです。アウトソーサー(outsourcer)またはアウトソーシー(outsourcee)とも呼ばれています。委託側企業の子会社や関連企業に人材やサービスを提供する場合も、アウトソーシングとして扱われる場合もあります。

BPOという新しい形態

BPOとは、「ビジネス・プロセス・アウトソーシング」の略称で、ビジネスの業務プロセス全体を外部に委託することです。

たとえば、給与計算だけを外部に委託するのではなく、経理・財務部門をまるごと委託するなど、事業の設計から運用まで、業務を一括して委託する手法をいいます。アウトソーシングが業務の一部を短期的に委託するのに対して、BPOは広範かつ専門的な業務を長期的に委託するのが特徴です。

委託できる業務・職種も幅広く、上記のアウトソーシングの業種以外にも、秘書、外国語コールセンター、クラウドサービス、コンサルティングなど、特別な専門知識が必要な分野から、営業や製造、軽作業など、多くの人員が必要となる業務まで多彩に広がっています。これらの業務を外部に委託することによって、自社の中心業務にリソースを集中できるメリットがあります。

アウトソーシングが注目されている背景

アウトソーシングとは?派遣契約との違いやメリット・デメリットを解説_2
BPOという新しい形態が加わったこともあり、アウトソーシングの需要は年々高まっています。これには、大きく3つの理由があります。

生産性向上・業務効率化

労働人口の減少によって、人材不足はどの企業にとっても大きな課題です。働き方改革によって業務の効率化も課題になっていますが、限られた人員では困難な場合も少なくありません。一部の業務を外部委託することによって労働力を補い、生産性の向上や業務の効率化が期待できるでしょう。

コストダウン

アウトソーシングをすることで、コストダウンが可能です。必要なときに必要な人員・サービスを外部に委託することで、人件費などの固定費を変動費化できます。自社の経営資源に限りがある企業でも、外部委託することによって自社の中心業務にリソースを集中させることができます。

専門家の活用による競争力の強化

変化の激しい現代では、DXの取り組みなど、最新技術への対応が不可欠となっています。しかし技術開発や設備投資、人材育成には多大な時間やコストがかかります。外部の専門企業を活用することによって、迅速かつ効率的に対処することができ、競争力の強化もはかれるといえるでしょう。

アウトソーシングのメリット・デメリット

アウトソーシングとは?派遣契約との違いやメリット・デメリットを解説_3
では、アウトソーシングには、どのようなメリット、またはデメリットがあるのでしょうか?コストや生産性、効率化、品質管理など、気になるポイントをチェックしてみましょう。

アウトソーシングのメリット

自社での人材教育の必要がない
人材育成にはコストと時間がかかります。少子化によって採用競争も年々激しくなり、優秀な人材ほど早期退職しやすい傾向もあります。新卒入社などの若年層の早期離職は、企業に膨大な採用コストの損失を発生させます。アウトソーシングは、自社での人材教育の必要がありません。採用・育成のコストを低減できるのは、アウトソーシングの大きなメリットのひとつといえるでしょう。

自社の中心業務にリソースを集中できる
企業の強みとなる技術やノウハウを獲得するには、中心業務に人的リソースを集中させることが重要です。アウトソーシングをすれば、中心業務以外は外部に任せることが可能となります。余分なコストを抑え、新規事業や新商品の開発など、自社の中心業務に優れた人材や費用を注力することができるでしょう。

生産性・品質を上げることができる
生産性とは、ビジネスにおける5つのリソース、ヒト・モノ・カネ・情報・その他(時間や知的財産)を最大限に有効に活用し、最小限の投資で最大の成果を生み出すことです。
自社のリソースを中心業務に集中させ、それ以外の業務は各分野のプロフェッショナルに委託することによって、生産性を上げることができ、品質向上にもつながるでしょう。

顧客利益を上げて、競争力を高めることができる
IT分野などで特に顕著なのは、急速な技術革新です。新技術が次々と開発され、システムも刷新されるため、外部に委託したほうが最新の技術・システムにスピーディに対処でき、セキュリティを強化できる場合が少なくありません。アウトソーシングは、コスト削減や効率化だけでなく、外部の専門企業を有効活用することによって、顧客利益を上げ、競争力を高めることができそうです。

人件費を抑えることができる
正社員などの雇用契約には、給与という固定費が発生します。アウトソーシングは、契約期間内の一時的な費用が必要となるだけで、従業員を増やさず、業務の維持・拡大を柔軟に対応できます。売上や会社の状況次第で報酬も変動でき、退職金や福利厚生なども不要です。アウトソーシングをすることによって、固定費を変動費化することが可能となり、人件費を抑えることができます。

アウトシーシングのデメリット

社内に業務遂行のためのノウハウが蓄積されない
アウトソーシングは、外部の技術やノウハウを活用することによって、時間やコストを抑えることができます。一方で、業務遂行のための技術やノウハウが社内に蓄積されないリスクがあります。事業存続に多大な影響を与えないよう、重要な業務に関しては人材を育てる、専門部署を子会社化して外注するなど、自社にもある程度のノウハウを蓄積していく戦略が必要となります。

自社内で効率化が進んでいる業務においては、コストが高くなる場合がある
アウトソーシングすることで、すべての業務のコストが下がるとは限りません。自社内で効率化が進んでいる業務に関しては、コストが高くなる場合があります。また、同じ業務でも、派遣スタッフを活用したほうがコストがかからない場合もあります。社内で対応するか、外部委託するか、派遣契約を活用するか、業務ごとに慎重に見極める必要があります。

業務遂行の実態が不透明になり、効率化・品質管理のコントロールが必要
外部委託は、業務遂行の実態が不透明になりやすいリスクがあります。いわゆる「丸投げ」の状態は避け、効率化・品質管理のコントロールが必要です。アウトソーシングをする場合であっても、外部の担当者と綿密なコミュニケーションをはかり、常に状況を把握することが重要となります。

受託側企業から情報が漏洩する可能性がある
アウトソーシングは、企業機密や個人情報を他社と共有する場合があるため、受託側企業から情報漏洩がしやすいリスクがあります。受託側企業でセキュリティ対策が施されていたとしても、従業員のモラルが低い場合は、リスクはゼロになりません。アウトソーシングをする場合は、情報漏洩を防止する対策が必要なのはもちろん、発注先の選定を慎重におこなうことが重要です。

アウトソーシングと派遣契約の違い

アウトソーシングとは?派遣契約との違いやメリット・デメリットを解説_4
自社のリソースを中心業務に集中させる方法としては、アウトソーシング以外にも派遣スタッフの活用があります。アウトソーシングと派遣契約の違いについて見てみましょう。

対価を払う対象

アウトシーシングと派遣契約は、対価を払う対象が違います。アウトソーシングは「業務」や「成果物」に対して対価を払います。一方、派遣契約は「人」や「労働」に対して対価を払います。

契約方法

アウトソーシングは、委託側企業(自社)が受託側企業(外注先)と契約を結び、業務を委託します。一方、派遣契約は、派遣会社と契約を結んで、必要な人材を派遣してもらいます。

業務のプロセス

アウトソーシングは、業務を委託したら基本的には直接指示することはありません。作業スペースや必要な設備、業務をおこなう人材の管理なども、すべて受託先企業がおこないます。一方、派遣契約は、自社で作業スペースや設備を用意し、業務についても自社で直接指示をおこないます。

派遣契約のメリット・デメリット

アウトソーシングとは?派遣契約との違いやメリット・デメリットを解説_5
では、派遣契約には、どのようなメリット、またはデメリットがあるのでしょうか? コストやスキル、雇用期間、任せられる業務の範囲など、気になるポイントをチェックしてみましょう。

派遣契約のメリット

必要なスキル・経験を持った即戦力になる人材を派遣してもらえる
派遣契約は、人材を求める企業とスキルを活かしたい求職者のニーズを派遣会社が間に入り、コーディネートします。派遣先企業(自社)は、依頼する仕事を細かく定めることも可能です。その業務を遂行可能な人材を、派遣会社が自社に登録している派遣スタッフから選出します。必要なスキル・経験を持った即戦力になる人材を派遣してもらえることも、派遣契約のメリットです。

直接雇用より人件費の削減ができる
正社員の採用には、人材募集や書類選考、人材育成、社会保険など、多くのコストがかかります。派遣契約は、派遣会社が人材募集や書類選考をおこなうため、就業開始まで採用コストがかかりません。また、派遣会社が給与支払いや社会保険なども担当するため、労務管理にかかる負担や経費も軽減できます。直接雇用より人件費の削減ができることが、派遣契約の大きなメリットです。

期間を定めての人員確保できる
派遣契約は、必要なスキルを持った人材を、短期・長期を問わず、必要な期間、必要な人数を確保できます。契約期間をフレキシブルに設定することによって、無駄のない組織編成が可能となります。(※日雇い期間=30日以内に該当する期間を除きます)また、派遣会社の多くは、スピードと質を担保したサービスを提供するために全国各地に多くの営業所や拠点を配置しています。ケースによっては、1週間以内に派遣スタッフが就業することも可能です。

紹介予定派遣を使えば、正社員として雇用できる
紹介予定派遣とは、派遣先企業に正社員、契約社員、パート・アルバイトとして直接雇用されることを前提に、一定期間(最大6ヶ月間)派遣スタッフとして就業し、派遣スタッフと派遣先企業の双方の合意があれば、派遣契約期間終了後に直接雇用に切り替わる派遣システムです。正社員として雇用することが可能で、派遣スタッフのスキルや働きぶりを見てから判断できるので、採用のミスマッチが発生しにくくなります。適切な人材を採用できることも、派遣契約のメリットです。

派遣契約のデメリット

新しい派遣スタッフを増やすたびに育成が必要
派遣契約は、有期雇用派遣の場合、法律によって派遣スタッフがひとつの派遣先に就業できる期間が3年と定められています。そのため新しい派遣スタッフが就業するたびに、育成や指導が必要です。ただ、企業によっては正社員の平均勤続年数が3~5年というケースも少なくありません。派遣契約に限ったデメリットではありませんが、長期的に派遣スタッフの活用をしたい場合は、無期雇用派遣や紹介予定派遣を検討するのも方法のひとつです。

まとめ

アウトシーシングを有効に活用すれば、自社の中心事業をスムーズに遂行することができます。また、コスト削減や生産性や競争力の向上など、さまざまなメリットがあります。
ただし、委託する業務内容によっては、デメリットもあります。外部委託をする際は、業務内容や発注先には十分な注意が必要です。業務委託には派遣契約という方法もあり、アウトソーシングとは異なる特徴やメリットがあります。本記事を参考に、業務遂行に最適な契約を選ぶことをおすすめします。


《ライタープロフィール》
鈴木にこ
求人メディアの編集者を経て、フリーランスとして活動中。派遣・新卒・転職メディアの編集協力、ビジネス・ライフスタイル関連の書籍や記事のライティングをおこなう。