お悩み解決!派遣コラム

お仕事のさがし方や働き方など派遣で働くうえでの色々な疑問や悩みについておこたえします。

事務仕事の種類は?
仕事内容や必要なスキル

職場・職種・活かせるスキルからさがす派遣のお仕事

派遣の仕事でも話題に挙がることが多いのが事務職の仕事です。しかし、事務職にもさまざまな職種があり、仕事内容によって必要とされるスキルや適性は変わってきます。事務職の仕事を探しているときは自分に合った職場を選ぶことが肝心なのです。ここでは職場選びを失敗しないために知っておきたい事務職の詳細について解説していきます。

事務職って具体的になにするの?仕事内容とは

会社での事務職といえば庶務・雑務が多いと思われがちですが、主な仕事としては営業部や経理部など所属した部署におけるアシスタントの立ち位置と思っておけば分かりやすいでしょう。営業はお客さんのところに出かけるため、社内での業務に手が回らないこともあります。そこで、電話対応、資料作成、メール対応などの社内業務を事務職が代わりに行うことで仕事全体が効率化します。営業は帰社すると入力作業などの仕事がありますが、これも事務がサポートすることでスムーズに進んでいきます。事務仕事にも繁忙期があり、忙しくなることがありますが、外部要因に左右されにくい分自分の裁量で仕事ができるので主婦などにも人気がある職種です。

接客スキルも求められる!?必要なスキルや資格

事務の仕事に就くために必要なスキルや資格があるわけではありませんが、有利に働くスキルはあります。事務の仕事の中でミスが許されない業務の一つとしてデータ入力があります。もしも売上入力でミスをしてしまえば会社の経営に関わる問題になってもおかしくないからです。そのため、事務には数字の強さやパソコンスキルが求められます。簿記検定やエクセル検定などの資格を取得しておくと自分の能力をアピールできるので、就職では有利になるでしょう。就職後、これらの資格を勉強することでキャリアアップにもつながりやすくなります。また、事務は来客時の対応や電話番をすることも多いので接客スキルも重要です。接客業のアルバイト経験なども役に立つでしょう。

どんな人が向いている?事務職にもある向き不向き

事務に向いている人は真面目で几帳面な人です。事務とは自分の個性を発揮して進めるタイプの仕事ではなく、正しいことを継続して行うことで成果を出す仕事です。人によっては少々退屈さを感じるかもしれませんが、向いている人からすればやりがいをもつことができる仕事です。そして、コミュニケーションを苦痛と思わない人のほうがスムーズに仕事ができるでしょう。事務職でキャリアアップを考えるのであれば、向上心を身につけることも大切です。後輩の教育などを任されるなど重要なポジションにも抜擢されるかもしれません。
会社で取り入れている入力システムなどは時代と共に変わっていくので、変化に対応しながらスキルを磨いていくと周囲からの信頼度も高まります。

事務の種類は膨大!?営業事務や経理事務とは

事務の職種は膨大であり、業務が共通しているものもあれば、まったく仕事内容が異なるものもあります。営業事務は営業のサポートをし、入力作業などを請け負います。経理事務では会社の経営状況に関わる数字を入力し、資料作成や給料明細などの発行を任されることもあります。人事事務では人事評価の入力のほか、求人活動の時期には雑用も多くなります。総務事務は会社全体の管理をサポートします。会社で不足しているものを見つけ、補充するのが仕事です。貿易事務ではシステムの助けがあるとはいえ、税率や法律の知識も必要とされるでしょう。医療事務や介護事務では入金や予約状況を管理します。特許事務は申請や法律のチェックを行います。秘書は担当役員などのスケジュール管理が主な仕事です。

事務で働くといいことはある?メリットやデメリット

事務で働くメリットとしては残業や休日出勤が比較的少ないということです。会社にトラブルが起こったときなどは残業することも必要でしょうが、多くの場合は定時で退社できるためプライベートの予定を立てやすくなります。営業や会社経営の知識が身につくのも大きなメリットです。将来、自分でお店を経営したいなどの夢があるなら派遣や正社員を問わず事務職の経験は役立つでしょう。デメリットとしては、デスクワークが多いので人と会う機会が少なかったり、姿勢が悪くなりやすいということです。

給与の目安が知りたい!時給はいくらになる?

2017年4月度の「リクルートジョブズ」の派遣スタッフ募集時平均時給調査によると三大都市圏で働くOA事務で働く派遣社員の時給は1,465円でした。また、営業事務では時給1,494円、金融事務が1,489円、経理・英文経理の事務職の平均時給が1,541円、総務・人事・広報・宣伝が1,567円、貿易・国際事務が1,542円、秘書が1,630円となっています。この結果、事務の仕事では特殊なスキルが必要とされる現場ほど高い時給が期待できるといえるでしょう。事務としてキャリアアップを目指すなら、就職をして安心するのではなくその後も自分の能力を磨くために努力し続けることが大切なのです。

【出典】
2017年4月度 派遣スタッフ募集時平均時給調査(リクルートジョブズ)
http://www.recruitjobs.co.jp/info/pdf/pr201705161034.pdf

職場・職種・活かせるスキルからさがす派遣のお仕事 関連記事

ピックアップコラム

【スタッフサービスグループ】すべてのお仕事を一括検索 【人材をお探しの企業様へ】ご依頼・お問い合わせはこちら