お悩み解決!派遣コラム

お仕事のさがし方や働き方など派遣で働くうえでの色々な疑問や悩みについておこたえします。

派遣先を変えたい!!派遣先の会社の退職手続きはどうすればいいの?

派遣のお仕事さがしのポイント

「きっと、次の更新に声をかけてくれると思うけれど、このお仕事の次は別のお仕事にチャレンジしたい…!」そんなときに気になるのが「派遣先の退職手続き」についてです。すっきりした気持ちで次のステップに進むためにも、円満退職でキレイに終わらせたいものですよね。気軽には聞きづらい、派遣スタッフの退職の流れについてまとめました!

派遣スタッフは退職の申告ができる?

有期雇用契約を結ぶ派遣スタッフと派遣会社。「契約期間満了日」までは何が何でも退職はできない…と思い込まれている方もいらっしゃいます。

もちろん、きちんと契約を守ってお仕事をしていただくことは大切なことですが、派遣スタッフも労働基準法に守られた労働者であることに違いはありません。

・病気やけがのため、契約通りのお仕事を続けられそうにない

・当初自分がイメージしていた仕事内容と違い、とても続けられそうにない

・配偶者の転勤が急に決まったため、今の勤務地では仕事を続けられない

など、場合によっては契約期間よりも前に契約を解除するべき状況もありえます。

契約満了日を持って、退職するのが契約であり、いちばんスムーズではありますが、「絶対に認められない」というものではありません。その点を不安に感じている方は、まずはご相談ください。

お仕事について相談したいことがあったら、
まずは派遣会社の担当者に連絡しましょう!

「今の職場は合わないような気がする…」
「できるだけ長期で契約したいのに、今の職場は更新が細切れで落ち着かない!」
「資格取得をして、将来は正社員に転職したいからいつまでこの仕事を続けよう…?」

お仕事をしていく中で、「いつまでこの仕事をするか」という点でさまざまなお悩みがでてくる場合があると思います。
そんな時は、真っ先に派遣会社の担当者に相談しましょう。契約更新のタイミングを調整したり、新しいお仕事を探したりするお手伝いも担当者が行います。円満でスムーズな退職のサポートも、当然担当者の大切なお仕事です。

退職日について、担当者と意思疎通ができていないと大変です。
「契約更新のお知らせが来たけど、返事をしなかったら勝手に終了になって、もう出社しなくていいんだよね?」と思い込まれているなら要注意。

きちんと「報告・連絡・相談」をしていただくことが大切です。

退職の申し出期限を確認しておきましょう!

お仕事によって、契約更新の頻度は異なります。また、更新の有無も変わってきます。円満な退職のためには、前もって「退職の申し出期限」を確認しておくと良いでしょう。

一般的には、「契約更新日の1~2ヶ月以上前」を目安に申し出ていただくと問題がありません。

派遣先企業の方へのご挨拶は関係性を考えながら

退職するにあたって気になるのが、一緒にお仕事をしてきた派遣先の皆様へのご挨拶。お世話になったことのお礼を言いたい、できるだけ早めに引継ぎをスタートしたいなど、いろいろと早めに伝えたい事情はあるかと思いますが、まずは派遣会社との打ち合わせ、正式な退職日決定を待ちましょう。

退職届の作成は必要?

「前に正社員だった会社を辞めるときは、退職届を出したけど、今回も用意したらいいのかな?誰に出せばいいんだろう?」と悩まれるケースもありますよね。派遣スタッフに関しても、契約期間の途中で派遣先の会社を辞める場合は、退職届を作成する必要があります。

その際は、書類作成も含めすべて派遣会社の担当者がサポートしますので、ご安心ください!

次のお仕事を紹介してほしい場合はどうすればいい?

「派遣という形態でお仕事は続けたいけれど、今の派遣先はどうしても雰囲気が馴染めない…契約更新しないなら、次のお仕事は紹介してもらえないのかな…?」

こんな心配はご無用です。さまざまなお仕事を経験できるのが派遣スタッフの良いところ。契約満了前での終了を何度も繰り返す方へのお仕事紹介は難しくなってしまいますが、「はじめは契約満了日までの期間を短めに設定できる派遣先で働いてみたい」など、お気軽にご希望をお伝えくださいね。

しばらく働く予定がない場合、社会保険の手続きを忘れずにおこないましょう!

派遣のお仕事が終了し、「しばらくゆっくりしよう!」「資格取得のための専門学校に行こう!」など、働く予定がない場合に忘れてはならないのが、社会保険の手続きです。
家族の扶養に入る、国民健康保険と国民年金に加入する、どちらの場合でも、届出などご自身で手続きを行わなければなりません。

保険・年金加入は国民の大切な義務です。「病院なんてめったに行かないし、そのうちでいいか~」と無保険・無年金状態になってしまうと、場合によっては罰則があることも。

退職の手続きは、将来の自分のためにも確実に・しっかりおこなう必要があります。契約満了日までに、忘れずに手続き準備をしておきましょう!

派遣のお仕事さがしのポイント 関連記事

ピックアップコラム

【スタッフサービスグループ】すべてのお仕事を一括検索 【人材をお探しの企業様へ】ご依頼・お問い合わせはこちら