お悩み解決!派遣コラム

お仕事のさがし方や働き方など派遣で働くうえでの色々な疑問や悩みについておこたえします。

安定の商社のお仕事!
仕事の内容や魅力とは?

職場・職種・活かせるスキルからさがす派遣のお仕事

商社という響きは、年代によって受け取るイメージが異なるかもしれませんね。団塊世代の方にとっては、徹夜や残業問題なし!というイメージ、若い方にとっては、ライフワークバランスに配慮しつつ、最先端で活躍している、といったイメージかもしれません。
商社は大手や老舗の企業も多く、制度がしっかりしているなどの理由から人気業界となっています。ここでは、そんな商社の業態や求人職種を解説するとともに、採用のポイント、気になる時給などについて説明します。

商社とは?イメージ通り、それともギャップがあるの?

商社といえば、諸外国を飛び回る外国語が堪能な商社マン、大手総合商社と呼ばれる三菱商事や伊藤忠商事などをイメージする方も多いのではないでしょうか?
確かに、そういった大手総合商社は、商社としての機能(流通・情報・金融)を全て備えていますので、商社を代表する大企業ではありますが、決して、英語が必須であったり、華々しい経歴が必要であったりということはありません。
実際の求人企業は、食品・機械・医療といった特定の分野に強みを発揮する専門商社が多く、業務的には、輸出入や国内取引の卸業などを営んでいますが、こちらの求人も、業界や貿易実務の経験がない方、英語が苦手な方でも、広く募集しています。

また、商社といえば営業のイメージが強いかもしれませんが、派遣やアルバイトをはじめとする求人で求められるのは、ほとんどがOA操作や経理といった事務職種です。
事務職の場合、他業界との差はあまりありませんが、業界としての特徴をあげるとすれば、多少の貿易実務が必要になってくることかもしれません。

例えば、

インボイス(輸出入に関わる書類/送り状)やパッキングリスト(輸出入に関わる書類/梱包明細書)などの専門用語を知っている

輸出入に関わる書類の知識

などですが、このような専門性はどの業界にもあるので、それほど心配する必要はありません。
先行するイメージにとらわれることなく、ご自身の意欲を第一に、応募の検討をしてみましょう。

商社で任される仕事には、どんな種類があるのでしょうか。

事務系が主流ですが、OA事務、一般事務、総務事務、経理事務といった一般的な事務職種において、多少の貿易実務に関する基本知識が必要とされます。

また、貿易事務に従事する場合は、
・書類作成(通関書類、インボイス・パッキングリストなど)
・乙仲(海運貨物取扱業者)に関連する業務
・受渡に関連する業務(コレポン[取引通信文]など)
・メール対応(英文など)
・電話応対(英語などの取次業務)

など、さらに相応の経験や実務知識を求められる場合があります。

ただし、多くの求人においては、他業界にも共通する基本的な事務処理能力を備えていれば、全く問題ありません。

あえて業界の特徴、留意点を挙げるとすれば、扱い品目の多さや物流の煩雑さであり、これらは、入社後の取り組むべき課題になるかもしれません。

一般的に、どのお仕事、職種にしても、ある程度の習熟期間は必要であり、それぞれの求人において、即戦力となるベテランを求めているのか、柔軟性のあるフレッシュな新人を求めているのかによって、各企業の研修期間や方法が異なっています。まずは、自分のスキルや経験を整理して、応募書類を作ってみるところからはじめてみましょう。

商社で働いた経験は、どう生かせるのでしょうか。

商社の仕事は、物流、情報サービス、金融の基幹を形作っており、幅広い業務に関わることで、多くの経験値を得ることが出来ます。

例えば、食品系の専門商社での経験を生かして、

・農産地での人脈をきっかけに独立し、農産物の生産や商品企画にチャレンジ

・食品メーカーやスーパー等〔関連業界〕への転職にチャレンジ

・貿易実務等の専門知識や経験を高めて、キャリアアップにチャレンジ

などの展開も可能でしょうし、より上位のキャリア、ポジションを目指して、

・大手総合商社への転職にチャレンジ

・関連会社での新規事業にチャレンジ

といった展開も、夢ではありません。
商社には老舗が多く、研修システムや組織がしっかりと整備されているところが多くあります。職種を問わず、会社員としての経験を積むには恵まれた環境ですね。商社での経験は、退職して他の職種に変わったとしても、生かすことが出来るでしょう。

商社で求められる経験やスキルとは?

一番に求められるのは、貿易実務における経験や習熟度かもしれません。だからといって、それが絶対条件にはなりませんから、安心してくださいね。
採用選考時は、一般的なOAスキルや事務スキルの方が優先される場合もあるでしょうし、基本的な社会人としてのスキル(礼儀、マナー、時間厳守、約束の履行、守秘義務の厳守など)を重視される人事責任者の方も多くいます。
何の知識や経験もなく、OA等の実務レベルが乏しかったとしても、本人の意欲や積極性を認め採用するケースも少なくありません。
採用に至る過程には、さまざまな要素が複雑に絡み合いますから、一概に「これが決め手」と断定せずに、まずは、やってみたいという気持ちを大切に、気軽に応募してみましょう。

商社の時給相場は、どのくらいでしょうか。

首都圏と地方とで差があり、事務系がメインとなりますが、同職種において首都圏で1,600円~1,800円くらい、地方で1,000円~1,200円くらいのようです。この差額は、商社に限らず他の業態でも共通する一般的な相場観かもしれませんね。

【出典】
スタッフサービス グループ 商社の求人一覧(2018年6月中旬時点)
https://www.staffservice.co.jp/shosha/

事務系の職種には、

・貿易事務や経理事務のように、専門的な知識や経験が重視されるもの

・OA事務のように、エクセルやワード等の操作スキルを求められるもの

・秘書や受付のように、調整力やコミュニケーションスキルを評価されるもの

・営業事務や一般事務において、周囲との協調性や積極性を優先されるもの

などがあり、各求人において社風が反映されるので、同じ求人でも、採用基準はその時々で微妙に違ってきます。
応募の際は、スキルや経験、持ち味を最大限にアピールし「絶対に合格する」と前向きに考え、直球勝負で果敢にチャレンジをしましょう。
きっと、あなたの中に眠る「あなたも気づいていない可能性」が、面接官の心に届くはずです。ご自分を信じて、商社の大きな門をこじ開けてください。

ここまで商社の概要や魅力、仕事の種類、業界の特徴や応募の際に心がけたいポイント、注意点などについて、説明をしましたが、いかがでしたか?
自分の個性、経験に自信をもって、チャレンジしてくださいね。あなたの内定が得られますよう、心より願っています。

職場・職種・活かせるスキルからさがす派遣のお仕事 関連記事

ピックアップコラム