お悩み解決!派遣コラム

お仕事のさがし方や働き方など派遣で働くうえでの色々な疑問や悩みについておこたえします。

派遣社員で働くメリット・デメリットは?正社員にはない派遣の魅力について

まずはここから!派遣の基礎知識

派遣は、「ライフスタイルに合わせて自由に働くことができる」「さまざまな職場で経験を積むことができる」などのメリットがある一方、雇用の契約期間や福利厚生の面で、デメリットとされている部分があります。
しかし、「同一労働同一賃金」の施行によって正社員と非正規社員の間の不合理な待遇差が解消されるため、派遣という働き方が注目されています。また、デメリットと思われがちなことも、見方を変えるとメリットであるということに気づきます。
働き始めてからギャップを感じないように、派遣社員のメリットとデメリットをきちんと知っておきましょう。

派遣社員って何が違うの?派遣社員・正社員・契約社員・パートの違いを解説

正社員や契約社員、派遣社員、パートなどさまざまな働き方がありますが、自分に合った働き方はどれでしょうか。派遣社員とはどういう働き方なのか、正社員や契約社員、パートとの気になる待遇や給与の違いなど詳しくみていきましょう。

派遣社員の働き方は?派遣社員と正社員の違いは雇用期間や福利厚生

派遣社員には一般派遣(登録型派遣)と、無期雇用派遣(常用型派遣)の2種類がありますが、今回は一般派遣について解説していきます。

派遣社員については人材派遣会社に登録して派遣先企業での仕事が決まると、派遣会社と雇用契約を結びます。そのため派遣社員の雇用主は実際に働く企業ではなく派遣会社となり、この点が、就業先企業と直接雇用契約を結ぶ正社員との大きな違いです。正社員の場合、休暇の管理も社会保険に関する手続きも就業先企業が行いますが、派遣社員の場合には派遣会社が行うことになります。

また、フルタイムであることが多い正社員と違い、派遣社員は就業日数などの自由度が高くなっています。例えば案件によって、「週に3日、午前中のみ」「週5日で夕方5時まで」など、幅広い選択が可能です。

派遣先企業で働ける期間があらかじめ決まっている有期雇用であることも派遣社員の特徴です。普通3カ月または 6カ月間で雇用契約を結び、必要があれば契約更新を重ねていくような働き方となります(派遣先の事業所における同一の組織単位での就業は最長3年まで)。正社員は基本的には企業が定めた定年まで働ける無期雇用です。

なお、交通費などの各種手当や福利厚生の面などについては、これまで正社員と派遣社員ではその待遇に違いがありました。例えば、通勤手当が支給されない、就業先企業の福利厚生施設(食堂など)や教育システムなどが利用できない場合があるなど、さまざまな差がありました。しかし、2020年4月から、派遣社員など非正規社員と正社員との不合理な待遇差の解消を目指すものとしていわゆる「同一労働同一賃金」が導入されました。これにより、派遣で働くデメリットとされていたことも解消に向かうことが期待されています(詳しくは後述します)。

派遣社員と契約社員やパートとの違いは?雇用主の違い

派遣社員と契約社員・パートとの違いもまた、雇用主が異なることです。
派遣社員の雇用主は派遣会社ですが、契約社員やパートは就業先企業に直接雇用されます。

また、契約社員は月給制で、派遣社員とパートは時給制です。そのため長期休暇があっても契約社員は給与に変動がありませんが、派遣社員やパートだと勤務時間が減ってしまうため給与が減ってしまいます。

さらに、派遣社員と契約社員・パートの違いは、契約満了後や退職後の仕事探しにもあります。
就業先企業に直接雇用されていた契約社員やパートは、次の仕事は自分で探すことになりますが、派遣社員の場合は、希望の仕事の条件に沿って派遣会社が次の派遣先を紹介してくれます。

派遣社員の求人がある職種

厚生労働省の「平成29年派遣労働者実態調査の概況」によると、実際に派遣で就労している人が多い職種は「一般事務」、次いで「物の製造」、「事務用機器操作」でした。

派遣社員の求人は幅広い業界、職種にあり、一般事務の他にも専門性の高い医療事務やCAD技術者、ソフトウエア開発、翻訳、通訳、Webデザイナー、秘書、ショップ店員などの職種もあります。
また、正社員として入社するのが難しい有名企業やテレビ・マスコミ、ファッション業界、クリエイティブ系、製薬や食品業界の研究職などでも派遣社員の求人があります。そのため憧れの業界で働きたいという人は、派遣からチャレンジするのもおすすめです。

未経験OKの求人も多数あります。派遣で働きながら経験を積んで、キャリアアップを図っていくのも手段のひとつです。特に事務職などのオフィスワークは“未経験OK”の求人が多数あります。

派遣社員として働くメリットは?残業少なめなのに時給が高いこと

正社員や契約社員、パートなどの働き方がある中で、派遣社員を選ぶ人は大勢います。なぜ、派遣という働き方を選ぶ人が多いのか、そのメリットをみていきます。

派遣社員のメリットは残業が少ない

派遣という働き方のメリットのひとつに、残業が調整しやすいことが挙げられます。
派遣社員の勤務時間は「〇時~〇時まで」と雇用契約で決められているため、残業が調整しやすく、突発的な休日出勤などもほとんどありません。そのためジム通いや習い事、スキルアップのための勉強など、プライベートな時間を大切にすることができます。
また、残業が発生した場合でも、雇用契約に定められた既定の賃金(残業代金)が支払われます。

パートより比較的時給が高い

派遣社員もパートも、給料は時給計算が一般的です。働いた分だけ収入はありますが、欠勤をしてしまうと減ってしまいます。ただし、どちらも勤務条件に応じて有給休暇をとることができます。

しかし、パートよりも派遣社員のほうが、時給が高めとなっています。スタッフサービスが集計した派遣社員の時給相場(2019年5月時点調査)は次のようになっています。

東京都:1,300~1,500円
大阪府:1,200~1,400円
福岡県:1,000~1,200円

派遣社員にはボーナスや通勤交通費などは支給されませんが時給が高いうえに、残業代も雇用契約に基づいてしっかり支払われるため、勤務時間数によっては正社員や契約社員より稼げることがあります。

例えば、フルタイムの派遣社員と正社員を比べてみると…

派遣社員として時給1,500円で1日8時間、1カ月に20日(週5日)勤務した場合の給与は月24万円、年収にすると288万円になります(社会保険料などを引く前の金額)。
厚生労働省の「平成30年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:1 学歴別にみた初任給」によると大卒正社員の初任給の平均月収が約20万円、年収が約206万円なので、業界や職種によっては正社員よりも派遣社員のほうが高いことがあります。

例えば、時短勤務の派遣社員とパート・アルバイトと比べてみると…

派遣社員として時給1,500円で1日4時間、1カ月に12日(週3日)勤務した場合の給与はおよそ7万円になります。リクルートジョブズの「2019年1月度アルバイト・パート募集時平均時給調査」によると三大首都圏(首都圏・東海・関西)の平均時給は1,048円ですが、同条件で計算するとおよそ5万円です。派遣社員のほうがパート・アルバイトで働くよりも時給が高いため、子育てをしながら、またはスキルアップのために学校に通いながら、などライフスタイルに合わせて短時間で効率よく働くことができます。

なぜ派遣社員のほうがパートやアルバイトに比べて時給が高いのかといえば、派遣社員は、企業が求めるスキルを満たした「即戦力」であり、そのスキルに対する付加価値として時給が高く設定されているのです。

契約中も契約終了後も派遣会社のサポートが受けられる

派遣で働くメリットには、派遣会社によるサポートが受けられるということもあります。
派遣会社によるサポートには主に、「仕事探しのサポート」から「快適に就業するためのサポート」、「スキルアップ・キャリアアップのためのサポート」があります。

「仕事探しのサポート」は、初めて派遣の仕事を探すときはもちろん、派遣期間が終了した後に次の仕事を探すときも同様に受けることができます。経験やスキル、将来的なキャリアプランなどについて派遣会社の担当者に相談しながら、あなたの理想に合った仕事を紹介してもらうことが可能です。
一方、派遣社員と同じく契約期間がある契約社員やパート・アルバイトの場合は、契約満了後の仕事探し(就職活動)は自分で行わなければなりません。

また、就業中のサポートについては、派遣先企業で何かトラブルがあったり希望が発生したりした際には、派遣会社が派遣先企業とのパイプ役として交渉を行い、派遣社員が快適に働ける環境をバックアップします。自分からはいいにくい内容でも、派遣会社の担当者へ任せることができて安心です。
さらに、派遣会社によるビジネス研修やExcelやWordなどのPCスキル研修をはじめ、スキルアップやキャリアアップのための教育・研修サポートを受けることができ、なかには無料で受講できるものも。派遣社員として働きながら、着実にスキルアップを目指すことができます。

ライフスタイルに合わせた仕事が選べる

派遣の仕事は、勤務地や勤務日数、時間や職種、仕事内容などの条件で選ぶことができます。ライフスタイルに合わせて仕事を選ぶことができるため、仕事だけではなく毎日を充実させたい人に派遣という働き方はおすすめです。

特に勤務時間や勤務日数は雇用契約に定められ、残業や急な休日出勤はほとんどない点などは、仕事をしながら勉強をしたい人や、仕事と家庭を両立したい人、子育て中の人などにはぴったりです。

資格取得などの勉強をしている人にも派遣社員という働き方は最適です。フルタイムではないオフィスワークの仕事も多く、学校などと両立させることが可能です。資格取得の後は、現在の派遣先での契約更新はせず、資格に合った仕事を探すことも可能です。

派遣社員として働くデメリットは?正社員との格差や契約期限

派遣社員として働いていると、「雇用期間が決められていて安定しない」「責任のある仕事を任せてもらえない」「ボーナスや福利厚生面での格差」など、デメリットがあると感じてしまうことがあるかもしれません。しかし、考え方によっては、そのようなデメリットはメリットともとらえることができます。また、2020年4月1日からは、正社員との不合理な待遇差を解消するいわゆる「同一労働同一賃金」が導入されるため、賞与や退職金相当分の支給や、福利厚生が派遣先や派遣元の正社員と同様になるなど、一部のデメリットは解消に向かいます。

派遣社員のデメリット解消につながる「同一労働同一賃金」

派遣社員(一般派遣)として働く中で感じるさまざまなデメリットも、心持ち次第でメリットに変えることができます。
例えば、「正社員と違い、雇用期間に制限がありずっと同じ職場で働くことができない」というデメリットも、見方を変えれば、「雇用期間に制限があるが、さまざまな職場でさまざまな経験を積むことができる」というメリットになります。

また、これまでは、「交通費が支給されない」「正社員と同じ教育訓練が受けられない」「社員食堂や更衣室などが使えない」など、各種手当や福利厚生面に待遇差がありましたが、先ほど紹介した「同一労働同一賃金」の導入によって、不合理な待遇差が解消されるようになりました。

「同一労働同一賃金」とは、同じ企業で同じ職務を行う正社員と派遣社員、パートなどの間に不合理な待遇差の解消をしよう、というものです。派遣社員も正社員と同じように教育・研修の機会を得ることができ、食堂や更衣室が使えるようになり、通勤交通費の支給もされるようになります。

契約更新をしても同じ職場にいられるのは3年まで

長く同じ職場で安定して働きたい人にとって、派遣で働くデメリットは前述したように雇用期間が定められていることです。
派遣は、一般的に3カ月または 6カ月間の雇用期間で雇用契約を結び、契約更新をしながら働き続けることになります。しかし、派遣先の事業所における同一の組織単位で働くことができる上限は3年までと派遣法で定められているので、それ以上、契約更新することができません。

もし3年を超えて同じ企業で同じ仕事を続けたい場合は、勤務先企業に直接雇用してもらうという手段があります。

そのため、同じ職場で長く働きたいという場合には、最初から「紹介予定派遣」を選ぶという手段もあります。「紹介予定派遣」とは、直接雇用を前提に一定期間派遣社員として働く就労モデルです。派遣として働く期間は最長6カ月で、それ以降は企業と本人の合意があった場合に直接雇用となります。紹介予定派遣では実際の職場の雰囲気や仕事内容が事前にわかったうえで正社員や契約社員になることができ、企業側にとっては人柄やスキルを十分に理解したうえで直接雇用ができるなど、双方にとってミスマッチが起きにくいメリットがあります。なお、直接雇用を前提とした派遣となるため、通常の派遣と異なり、事前に面接などがあります。

派遣の仕事はなくならない?企業側が派遣社員を雇うメリット

メリットも多い派遣社員ですが、契約満了となったときに、他の仕事があるかどうかという不安もあります。しかし、派遣社員を雇用することは企業にとってもメリットが大きく、今後も安定して募集案件があると考えられています。なぜ、派遣という働き方が今後も求められるのかについてみていきましょう。

業務の忙しさによって人員補充ができる点

企業が派遣社員を雇う主な目的は、「急な人員不足が発生した際にすぐに人員を補充するため」、「高いスキルを持った人材を確実に確保するため」です。

企業にとっては、正社員の休職期間中や繁忙期、短期的なプロジェクト、新規事業の立ち上げなど、さまざまな側面でフレキシブルに人員を確保できる派遣社員は力強い存在です。さらに、企業では即戦力や専門性のニーズが高く、業務に必要なスキルを持つ派遣社員は、とても戦力になり、今後も企業からのニーズは高いと考えられます。

契約期間があるからこそ企業も雇われる側ももめなくて済む

また、有期雇用であるという点も、企業にとって派遣社員を求める動機のひとつとなっています。契約期間を定めておけば、特定の期間に必要な人員だけ確保ができます。

もちろん、働く側にとっても派遣社員なら派遣先の仕事が合わないと思えば契約更新をせずに短期間で辞めることができ、退社をする際の気持ち的な負担が少ないというメリットがあります。

自分のために派遣という働き方を選ぶ

今、派遣という働き方を選ぶ人が増えています。ライフステージに合わせた働き方をしながら、キャリアアップを目指したり、自分の趣味に打ち込んだり…。そんな、生き生きとしたスタイルを実現している人も多いようです。また、派遣社員ならば、通常の就職活動では難しい、憧れの業界で派遣社員として働くことも可能です。

未経験OKのお仕事でキャリアアップを狙ってなりたい職に就く

企業の中途採用では「経験者優遇」という場合が多く、実務経験がない人は採用されることが難しいのが現状です。しかし、派遣では未経験でも採用される仕事がたくさんあります。そのため、未経験では採用されることが難しい、スキルが必要な職種でも、派遣ならチャレンジできるケースが多くあります。

例えば、「これまで接客の仕事をしてきたけど、デスクワークにチャレンジしたい」「WEBデザイナーの勉強をしたけど、実務経験がなくて就職先が見つからない」といった場合でも、派遣なら希望の職種で働くチャンスがあります。

一方でよりレベルの高い経験を積める仕事を選ぶこともでき、派遣社員として積極的に挑戦していけば、憧れの職種でキャリアアップを目指すことが可能です。

派遣での仕事は、金融業界やIT業界、テレビなどのマスコミ業界など、幅広い業界でスキルアップ・キャリアアップを図るチャンスがあります。未経験でも応募可能な職種には、

  • デスクワーク(一般事務、OA事務、学校事務)
  • クリエイティブ系の仕事(Webデザイナー、DTPデザイナー、プログラマーなど)
  • 介護職
  • 秘書
  • 営業職
  • 経理職

などがあります。未経験からチャレンジしたいという人にも、派遣は選択肢のひとつとしておすすめです。

結婚、出産をしてもライフステージにあったオフィスワークを探せる

派遣は、結婚や出産でライフスステージが変化しやすい女性におすすめの働き方でもあります。人気のオフィスワークも豊富な案件の中から探すことができ、出産前のキャリアをいかすことが可能です。

正社員として仕事をしていると、制度が整ってきたとはいえ、時間的な制約や転勤、子育てや家事・介護などとの両立で仕事を諦めて退職する女性が少なくありません。

しかし、派遣社員なら勤務時間や日数なども選べるため、子育てをしながらでも社会復帰がしやすいといえます。もちろん、時短勤務や扶養控除内で働くことも可能です。

「保育園の送迎時間に合わせた出社時間・退社時間で働きたい」、「週に3日働きたい」「午前中だけ働きたい」などの要望に合わせた仕事を見つけることもでき、子育てだけではなく家族の看護や介護をする必要ができたときなどにも働き続けることが可能です。

自分のライフステージに合わせて働き続けることができるのは、派遣社員の一番のメリットかもしれません。

まとめ:派遣で働くメリット・デメリットを押さえ、自分に合った働き方を

今回は、派遣社員のメリットとデメリットをみてきました。
メリットとしては

  • 派遣の求人はさまざまな職種があり自分の好きな仕事ができるチャンス
  • 派遣社員は残業少なめで自分の時間を確保しやすい
  • 派遣社員は時給がパートよりも高く、給料が正社員で働くより高いこともある
  • 自分のライフスタイルに合わせて働ける
  • 資格取得の勉強や子育てなどとも両立できる
  • 派遣社員は派遣会社から仕事探しや就業中の問題についてもサポートを受けられる
  • ライフステージが変わっても働き続けることができる

などが挙げられました。また、デメリットとしては

  • 派遣社員は有期雇用で、同じ職場に勤められるのは3年まで

などがありました。しかし、派遣で働くデメリットも考え方次第でメリットになる他、派遣社員と正社員間にある不合理な待遇差は2020年4月からいわゆる「同一労働同一賃金」が適用されることで解消される見込みです。

企業側にとっても派遣社員を雇うメリットはあるので、今後も派遣の仕事はなくなることはなさそうです。
初めての派遣で不安な方は、スタッフサービスへお問い合わせください。未経験OKの案件も豊富に取り扱っています。

派遣のお仕事を探す

まずはここから!派遣の基礎知識 関連記事

ピックアップコラム

【スタッフサービスグループ】すべてのお仕事を一括検索 【人材をお探しの企業様へ】ご依頼・お問い合わせはこちら