お悩み解決!派遣コラム

お仕事のさがし方や働き方など派遣で働くうえでの色々な疑問や悩みについておこたえします。

派遣と直接雇用のメリット・デメリットの違い

まずはここから!派遣の基礎知識

派遣スタッフのなかには就業中に「直接雇用に切り替えませんか?」と打診されるケースがあります。派遣と直接雇用、仕事内容はほとんど同じだけど、何が違うの?」こんな疑問をもったことはないでしょうか。派遣と直接雇用の違いとそれぞれのメリット・デメリットをご紹介しながらわかりやすく解説します!

派遣と直接雇用の違いを、メリット・デメリット形式でそれぞれ解説!

派遣と直接雇用の最大の違いは、「雇用契約を結ぶ相手」と「実際に働く場所」に違いがあるかないか、という点です。
派遣の場合、雇用契約は派遣会社、働く場所は派遣先の企業になります。
直接雇用の場合は、雇用契約も働く場所も同じ企業になります。
それによって生まれる違いが、どのようなメリット・デメリットにつながることになるか、ご紹介します!

派遣のメリット・デメリット

【派遣のメリット】

・自分の希望やスキル、経験にあった職場探しを手伝ってもらえる

派遣スタッフとしてお仕事探しを始めるときからお仕事が終了するまで、一人一人に「担当」がついてさまざまなサポートを受けることができます。わからないこと、不安なことは何でも気軽に相談できることで、安心してお仕事に取り組むことができます。

・仕事へのやりがいを生み出すキャリアアップ研修が法律で義務付けられている

派遣のお仕事にはさまざまな職種がありますが、派遣会社はどの職種であっても必ずキャリアアップに役立つ教育研修を受ける機会を用意することが、法律で定められています。もちろん、研修中も有給です。
(※有給での研修には取得の条件があります。継続年数などによって異なります。)

・従業員数1000人以上の大企業で働けるチャンスが大きい

一般社団法人日本人材派遣協会の「2018年度派遣社員WEBアンケート調査」によると、従業員数1,000人以上の大企業で働いている派遣スタッフは全体のなんと43.1%。半数近くの方が大企業で就業されています。

【派遣のデメリット】

・同じ就業先で働き続けられるのは最長3年までと決められている

派遣スタッフとして働く場合、同じ就業先で働くことができるのは最長で3年と法律で定められています。
同じ環境で長く働き続けたい…という方も、3年が上限になります。

一方、さまざまな職場や職種を経験してみたい方、ライフスタイルに応じて働き方を変えていきたい方にはスムーズにお仕事を変えられるメリットにもなります。

なお、派遣の「派遣期間の制限」については、こちらの記事に詳しくご紹介しています。

派遣の抵触日とは
https://www.staffservice.co.jp/job/column/detail_007.html

直接雇用のメリット・デメリット

次に、直接雇用の場合のメリット・デメリットをご紹介します。
直接雇用は、働くことになる職場と直接雇用契約を結ぶ「正社員・契約社員・アルバイト・パート」などのさまざまな契約スタイルの総称です。ひとくちに「直接雇用」と言っても、さまざまな働き方があります。

【直接雇用のメリット】

・さまざまな雇用契約の選択肢がある

正社員、契約社員、アルバイト、パート、在宅勤務など、直接雇用の場合さまざまな選択肢があります。正社員の場合、多くが無期雇用契約となるため、同じ職場で働き続けたい人にはメリットとなるでしょう。しかし、直接雇用契約のなかにも、無期雇用と有期雇用契約、両方のケースがあり、有期雇用契約の場合には雇用期間に定めがあります。自分が就業する契約がどうなっているのか、事前に確認することが大切です。

【直接雇用のデメリット】

・応募から就業開始まで、基本的にすべて自分で対応する

直接契約するということは、基本的に応募から雇用契約の締結、入社後まで自分で対応する必要があります。わからないことや不安なことを相談できる相手を探しておくと安心です。

派遣から直接雇用に切り替わるケースがある?

派遣スタッフとして仕事を始めた場合、同じ就業先で働き続けられるのは「最長3年」とご紹介しました。

その制限期間を迎えるタイミングで、それまでの派遣スタッフと派遣先の双方が直接雇用に合意した場合、直接雇用で働くことができます。実際の仕事内容や職場の雰囲気をしっかり理解したうえで雇用契約を切り替えるため、「こんなはずではなかった」という後悔を引き起こすリスクが小さくなるといえるでしょう。

また「紹介予定派遣」という派遣スタイルがあります。これは一定の派遣契約期間が満了した後、直接契約に切り替わることを前提としているため、お試しとして派遣で就業したうえで直接雇用になるか判断したい、という人にぴったりです。派遣会社からは紹介予定派遣のお仕事の紹介を受けることもできます。

紹介予定派遣について詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください!

紹介予定派遣とは?
就きたいお仕事に就くための自己PRとは?
https://www.staffservice.co.jp/job/column/detail_111.html

それぞれの特徴を理解して、自分にあった仕事・職場を見つけよう

お仕事探しをするうえでいちばん大切なことは、雇用形態にこだわるよりも、自分にあった仕事や職場を見つけること。

「自分にあった仕事が決められなくて悩む…」という方は、まずは派遣会社にご相談ください!ご自身にあった仕事や職場について相談しながら、お仕事の紹介を受けることができます。

ライター:沼田絵美

求人広告代理店で法人営業経験後、出産で退職。現在はフリーランスライター、キャリアコンサルタント、5店舗のサービス業を経営する夫の妻。3足の草鞋をはいて仕事中の個人事業主。

カテゴリートップへ戻る

ピックアップコラム

【スタッフサービスグループ】すべてのお仕事を一括検索 【人材をお探しの企業様へ】ご依頼・お問い合わせはこちら