年代・ライフステージ別、派遣の働き方

20代の派遣のススメ

就職活動をする人の多くは、自分の性格や能力に合った企業を探します。しかし、現実は「入社はしてみたものの、何となく自分の肌にはあわない」というケースも少なくありません。また、働いてみて自分の意外な才能を発見する場合もあるでしょう。違う職種ならもっと活躍できるのにと、就職してから思うこともあります。特に学校を卒業したばかりの20代であれば、どういった環境が自分にあうか、なかなかイメージしづらい人もいると思います。
そこで、まずは「派遣」という働き方で、企業の仕組み、お仕事の内容、雰囲気、企業との相性などを検討してみるのはいかがでしょうか。最近では、派遣会社の研修でスキルを身につけた20代の新卒者が、派遣会社とともにキャリアも見据えつつ派遣元の常用雇用としてバリバリ活躍するという働き方も目立ってきています。

結婚と就職のプロセスは似ている!?

みなさんは、「結婚と就職は似ている」というたとえ話を聞いたことはありませんか。結婚の場合は、相手を探して、お互い意気投合すればお付き合いが始まり、愛を深めて結婚というゴールに至ります。就職も同じで、まず希望する企業を探して、就職活動でアプローチし、お互い意気投合すれば面接に進み、最終的には「入社」というゴールに辿り着くことになります。この2つのプロセスは確かに似ています。
しかし、結婚と就職のプロセスにおいて決定的に違う点があります。それは、結婚はお付き合いをしていく過程で、相手の性格や考え方、趣味嗜好がわかり、もし自分とあわないと感じれば結婚をしないという選択ができることです。一方就職の場合は、多くが相手(企業)の実際の姿を充分には見極めきれないままに、自らが抱く「イメージ」のみで採用というゴールに進んでいくことになります。

相手の特性を見極められる派遣という働き方

たとえが長くなりましたが、派遣という働き方は、特に結婚に至るプロセスによく似ています。これに「紹介予定派遣」という仕組みを利用することで、より結婚に近い動きになります。まず希望する相手先企業を見つけ、派遣で働いてみて実際の企業の実情をよく観察して、「自分の性格や能力にあっている」、と企業と本人が合意すれば、晴れて社員になる。言い換えれば、相手(企業)の性格や雰囲気を知ったうえで、入社(結婚)に至ることができるのです。
自分の適性を見極められる派遣という働き方は、もしも1社目で働いてみて残念ながら自分にあわないと感じた場合でも、その経験が無駄になることはありません。1つ目の派遣先企業では、社会人として必要な振る舞い方を身につけ、お仕事をするうえでの基本的なことをたくさん教わったはずです。それは、ステップアップへの貴重な体験を得たことになります。次の派遣先企業では、レベルアップした自分自身を感じることができるでしょう。また、さまざまな業界に次々とチャレンジできるということもまた、20代の派遣スタッフの特権です。30代でも、もちろん別業界へのチャレンジはできますが、気力体力ともに充実し、いろんなことを吸収できる力があるのは、やはり20代でしょう。
どんなお仕事につきたいか迷うようなことがあれば、派遣会社の担当者に相談しながら、自分のキャリアプランなど将来について考えてみましょう。

20代でじっくりお仕事のことを考えてみる

一心不乱に希望の会社への就職を目指すのも、もちろんひとつの道です。一途に夢を追いかけ、結果的にそれが叶ったなら、得られる充実感はかなりのものでしょう。ですが、それでも本当に自分にあっている会社かどうかは、実際に働いてみないと全くわからないものです。そう、本当の勝負は、社会人になってからなのです。20代の方は、長い目で見て「自分にあった環境」「自分の性格にあったお仕事」を、じっくり時間をかけて見つけられる「派遣」という働き方も、選択肢のひとつとしてぜひ検討してみてはいかがでしょうか。