お悩み解決!派遣コラム

お仕事のさがし方や働き方など派遣で働くうえでの色々な疑問や悩みについておこたえします。

Webデザイナーの仕事は
デザインするだけじゃない?

職場・職種・活かせるスキルからさがす派遣のお仕事

Webデザイナーはクライアントから依頼されたWebサイトなどをデザインする仕事です。未経験からでも働けるチャンスもあり、雇用形態も正社員や派遣社員、スキルを身につければフリーランスや在宅ワークなどライフスタイルに合わせた働き方もできるのが魅力です。今回はWebデザイナーの「やりがい」や「必要なスキル」などをご紹介します。

どんな業務内容なの?Webデザイナーの仕事

Webデザイナーの主な仕事内容には、「デザイン」「コーディング」「スクリプト作成」「フラッシュ作成」の業務があります。具体的には「デザイン」は、Webページを美しく装飾していく作業。一般的に「Illustrator」や「Photoshop」「Fireworks」などのグラフィックソフトを使用してロゴや配色、アイコンなどを作成します。「コーディング」は、グラフィックソフトを使用してデザインした画像データを「HTML」「CSS」などを用いて作成します。「スクリプト作成」は「JavaScript」などを使用してブラウザ側で動作をさせる作業です。「フラッシュ作成」は、「Flash」のソフトを使用してアニメーションや動画や音声を流せるようにします。仕事の流れとしては、企画・サイト・ページ構成後にメイン業務のデザイン・コーディングをおこないます。その後、デバッグ(検証)を行いリリース(納品)されます。派遣社員の場合では上記以外の業務として「メールマガジン作成」や「事務処理」業務なども任されることもあるでしょう。

やりがいを知りたい!大変なのはどんな所?

Webデザイナーのやりがいのひとつは、自分の作品が世の中に出ることでないでしょうか?また、クライアントの要望をデザインという形にして、利益や売上を上げることで喜んでもらえることも挙げられます。さらに、自分の感性だけでなく、クライアントの要望を正しく把握することが求められるため、多くの感性に触れることができることも魅力のひとつです。
スキルをつければ、在宅勤務などライフスタイルにあった働き方ができます。そのため、子育てや介護などと両立したい人にもぴったりな仕事でしょう。ただし、時には短い納期で仕事をすることもあることは覚えておいたほうがよいでしょう。Webデザイナーの仕事は作成・編集など手間のかかる作業が多く、派遣社員であっても多岐に渡る業務を任される場合もあります。納期が守れるよう効率的に仕事ができるよう心がけましょう。

安定して働き続けられる仕事なの?

パソコンやインターネットの普及により、Webデザイナーの需要は派遣社員も含め増加の一途をたどっています。しかしリーマンショック後は、各企業ともに、より高度な技術を持つ人材を求める傾向にあります。つまり、技術スキルの低いWebデザイナーは淘汰されていく可能性も少なくありません。将来的に安定して働き続けるためには「最新技術・デザインの勉強」や「資格取得」など実務以外でも学び続ける必要性があります。また収入面で安定性を求めるのなら在宅ワークや業務委託よりも会社勤めの方がおすすめです。

描くのが好きなのは大前提!?
Webデザイナーに向いている人

Webデザイナーには、「パソコン作業やWebデザインが好きである」ということは大前提ですが、その他にも「美的感覚に優れている」という点も大切です。また、業務を円滑に進めるために「人とコミュニケーションを取るのが好きな人」「スピード感があり臨機応変に仕事ができる人」も重宝される職種。Webデザインが未経験で自分に適性がないと感じている人でも、派遣社員として業務経験を積んでこれらの能力をブラッシュアップさせることができます。それ以外にも、Webデザイナーの仕事は、ときには一人で黙々と作業をすることも多く、大きなサイト作成になるほど細かい作業も増えます。そのため「忍耐強さ」や「体力」も求められるでしょう。

Webデザイナーは未経験から独学で目指せるの?

一般的にWebデザイナーの仕事は敷居が高いイメージがありますが、実際は未経験の採用も多く、派遣社員やアルバイトなどさまざまな雇用形態で働くことできる職種です。また、Webデザインは「スクール」や「研修」以外でも独学で学ぶこともできます。例えば「HTML」や「CSS」などを書籍やサイトを利用し基礎知識をインプットしたり、デザインスキルを高めるために、「Photoshop」などを使用してトレースして学んだりする方法もあります。Webデザイナーは幅広い専門知識が必要なので、効率良く勉強するために、最新の技術情報も網羅している優良な本やサイトから学ぶこともポイント。それ以外にも、自分でサイトを作成してみることもトータルスキルの向上につながるでしょう。

Webデザイナーになりたい!必要なスキルや資格は?

Webデザイナーに関するスキル・資格にはさまざまな種類があります。例えば「Illustrator」や「Photoshop」「Fireworks」などの基本的スキルは必要不可欠。また、派遣社員の場合、事務処理も任されることもありますので「Excel」「Word」「Powerpoint」などのパソコンスキルもあれば重宝されるでしょう。Webデザイナーの資格の代表格としては民間試験の「Webクリエイター能力認定試験」があります。この試験は学科よりも実技が重視され「デザイン・コーディング」や「HTML・CSS」などのスキルを試すことができます。また、「HTML5プロフェッショナル認定資格」や「ITパスポート」も持っていれば優遇されるケースもあるでしょう。キャリアステップとしては、現場で実績を積んで「アートディレクター」や「フロントエンドエンジニア」として働く道もあります。

このようにWebデザイナーはきちんとしたスキルがあればいろいろな働き方ができる自由度の高い仕事です。モチベーションを高く持ち会社の「即戦力」となれるよう働きましょう。

ピックアップコラム