仕事もプライベートも自分らしく、毎日を過ごす人たちをもっともっと応援したい! | 私らしいライフスタイルを応援する「cheer(チアー)」

  1. 20代、30代の「医療・介護職」のみなさん、100人に聞きました!「仕事の満足/不満足」「貯金額」リアル調査
  • 2017.12.06

  • スペシャル

20代、30代の「医療・介護職」のみなさん、
100人に聞きました!
「仕事の満足/不満足」「貯金額」リアル調査

高齢化社会が進む日本において、今後ますます需要が増していくであろう“医療・介護職”

病院や介護施設に勤務するケースが多いと思いますが、一口に医療・介護の仕事と言っても職種は多種多様。看護師、介護士、医療事務以外にも、例えば薬剤師、理学療法士、歯科衛生士、整体師、放射線技師など数多くありますよね。

具体的にどのような働き方をしているのかは、自分自身が医療・介護職に就いてみるか、実際に働いている人々の話を聞いてみたりしないとわからない部分が多いはず。

医療・介護職に就いている方々は、どのような業務に就き、どのようなやりがいがあり、どのような悩みを抱え、どのようなプライベートを送っているのか。

そこで医療・介護職に従事している20代、30代の男女100人を対象にアンケート調査(調査期間:2017年3月13日~17日)を実施!

医療・介護職のみなさんの仕事の満足/不満足調査

医療・介護職のみなさんへの仕事の満足/不満足調査

医療・介護職のみなさんは、現在の職場に満足しているのでしょうか…?

結果は、「満足」が42人「不満足」が33人「どちらとも言えない」が25人という結果。

「不満足」と答えた方が3割程度なのに対して「満足」と答えた人が4割程度で上回っていますね!

~「満足」と答えた方々の意見~

では、「満足」と答えた方の意見を見ていきましょう!

「看護師をしていて、とても満足してます!やっぱり患者さんから『ありがとう』と言ってもらえた時に充実感を覚えますね」(25歳/女性/看護師)

「患者さんにいつも『ありがとう』と感謝されるからやりがいがある」(33歳/女性/看護師)

「やりがいのある仕事ができているため、満足」(36歳/女性/看護師)

患者さんが回復した時の喜びを感じられるので満足している」(39歳/女性/看護師)

「医療は常に進化するので終わりがない。永遠に学べる仕事なので満足しているし、もっと専門職として実力をつけたい」(29歳/女性/看護師)

「看護師は国家試験に受かり全国どこの病院でも勤めることが出来るから満足」(38歳/女性/看護師)

「満足している。小学校時代からの憧れていた仕事。天職だと思う」(23歳/女性/看護師)

「放射線技師として働いているが職場環境もよく、休みもしっかりとれるため」(39歳/男性/放射線技師)

日給が高いのでそこそこ満足している」(27歳/女性/レントゲン技師)

「感謝されるから満足」(29歳/女性/医療事務)

「満足している。人間関係が良好だから」(37歳/女性/歯科助手)

「満足。短い勤務時間だから」(35歳/女性/歯科衛生士)

「今までの職場と違い、自分のペースで作業を行なえるため満足しているほうである」(32歳/男性/整体師)

「人として生きている感覚がある」(37歳/男性/介護職)

「老人ホームで働いています。以前は営業職でしたが、福祉の仕事はその日が終われば終わるし、明日のことまでも考えなくていいので性に合っています」(35歳/男性/介護職)

「グループホームで認知症の利用者を介護するため、利用者を守ったり生命を預かっているという気持ちがある」(36歳/男性/介護職)

~「不満足」と答えた方々の意見~

一方、「不満足」と答えた方は、どのような点が要因となっているのかを見ていきましょう。

命に直結する仕事をしているのに、待遇に不満」(39歳/男性/看護関係職)

忙しいと患者様一人一人に丁寧な対応ができない時があります」(39歳/女性/看護師)

「今は不満です。自分の技術不足で納得のいく効果を出せない場合が多いから」(39歳/男性/作業療法士)

人手不足で休みが取れなくなってきているので不満です」(37歳/男性/心療内科スタッフ)

「医療系の事務職です。とても不満。現場の声を上司が全く聞き入れてくれず、また、現状の把握もしていないため」(32歳/男性/医療事務)

「薬剤師の資格をきちんと活かせていないので不満」(32歳/女性/薬剤師)

「医師の処方意図に沿う投薬が基本なので、少し物足りなく感じることはあります」(37歳/女性/薬剤師)

「薬剤師をしています。やりがいはあるが私が住む地域に薬剤師が少なすぎて休みがとれない」(29歳/女性/薬剤師)

労働時間と給料が見合わず不満」(27歳/男性/介護職)

「介護士をしていますが満足していません。医療と介護の効率的な連携が必要だと思っていますが、職場の上司の理解が得られず、やりがいが見いだせないため」(37歳/男性/介護士)

「人材不足で一人一人が抱える仕事量が多すぎるから」(34歳/男性/介護士)

「利用者と接すること自体は嫌いではないけれど、重労働の割に給料が少ない」(31歳/女性/障がい者施設スタッフ)

「高齢者向けの介護施設スタッフです。今の仕事は天職と思えるほど好きですが、社会的に必要な仕事なのに世間的には評価が低く、夢のない賃金しか支払われないこと。また、誰にでもできる仕事だと思われるのは悲しい」(39歳/女性/介護職)

「介護福祉士で国家資格を持っているのに、給料が安く、激務。認知症や退院困難者の対応がとても大変でメンタルにもくる」(32歳/女性/介護福祉士)

「満足」と答えたみなさんは、直接、患者さんや利用者さんから「ありがとう」などのお礼の言葉を言われた時に、“人の役に立っている仕事”だと実感できているという方が多かったように思えます。また給与面や仕事のペースについても満足だと思う要因として挙げていた方が多かったのも印象的です。

片や「不満足」と答えたみなさんは、給与面や多忙さを要因に挙げる方が多かったのですが、仕事の内容自体について不満を口にする人はさほど多くなかった印象です。“人の命に寄り添う仕事”ということに誇りを持っているからこそ、もっと充実した給与や働きやすさを望んでいるという方が多数いるのかもしれません。つまり、医療・介護の仕事へのモチベーションが高いからこそ納得いかない部分が露見しているという見方もできそうですね。

医療・介護職のみなさんの貯金額調査

医療・介護職のみなさんの貯金額

お次は医療・介護職のみなさんのリアルな貯金額を調査!

結果はこのようになりました。

「3,000万円以上」0人
「1,000万円以上~3,000万円未満」8人
「500万円以上~1,000万円未満」13人
「300万円以上~500万円未満」20人
「100万円以上~300万円未満」19人
「50万円以上~100万円未満」13人
「30万円以上~50万円未満」5人
「10万円以上~30万円未満」7人
「1円以上~10万円未満」8人
「0円」7人

ボリュームゾーンは19人が該当した「100万円以上~300万円未満」20人が該当した「300万円以上~500万円未満」のようです。

100万円以上~500万円未満の貯金額の方の合計は全体の約4割という結果となっています。アンケート対象が20代、30代という年代であることを考えると、しっかりと貯金している方が多い印象ですね。

一方、貯金額が100万円未満の方の合計は全体の4割。もちろん単純に20代前半でまだ貯金を始めたばかりという方もいるでしょうし、そもそも貯金はせずに休日にお金を使ってストレス発散しているという方もいるでしょう。

逆に、貯金額が500万円以上の方の合計は全体の約2割。国家資格を有している人を中心に、お給料に満足できている人も少なくありませんでしたので、そういった方々がこの層に多くいるのではないでしょうか。

この記事が気に入ったらシェアしよう

  • Facebook
  • Twitter

Cheer(チアー)の最新情報をお届けします!

「cheer(チア―)」について

「cheer(チア―)」は、“仕事もプライベートも自分らしく、毎日を過ごす人たちをもっともっと応援したい!”をコンセプトに、仕事をはじめキャリアやワークスタイルなど、オンとオフの両面から幅広くインタビュー記事などを通じて、リアルな情報をご紹介しています。
私らしいライフスタイルを応援する「cheer(チアー)」は、事務のお仕事を中心に、IT、エンジニア、介護、看護、医療、製造などのお仕事を一括検索できるスタッフサービスグループサイトを運営する株式会社スタッフサービス・ホールディングスの情報サイトです。

人気の記事

  • お悩み解決!派遣コラム
  • スタッフサービスグループ すべてのお仕事を一括検索