お悩み解決!派遣コラム

お仕事のさがし方や働き方など派遣で働くうえでの色々な疑問や悩みについておこたえします。

資格なし
未経験でもはじめられるって本当?
派遣の看護助手の仕事内容

職場・職種・活かせるスキルからさがす派遣のお仕事

看護業界に興味はあるけれど、資格を持ってないのなら派遣で看護助手のお仕事に就いてみるのはいかがでしょうか。看護助手とは主に看護師の補助を行う仕事で、多くの病院が求人を出しています。しかし、資格を持っていないのに医療の現場で働けるのかどうか不安な人も多いでしょう。ここでは看護助手の仕事について具体的な内容をまとめてみました。

看護助手って一体どんな仕事?仕事内容と勤務の流れ

派遣の看護助手の仕事内容は主に看護師のサポートです。看護助手は医療に関する専門的知識を勉強してきた人材ではないために、自主的に患者の世話をすることはできません。そのため、看護師の指示を受けながら手が足りていない部分を補助していくことになります。具体的には入院患者のベッドメイキングや食事、お風呂の介助、院内の掃除などの業務を受け持ちます。また、手術室に配属された場合は室内の消毒や患者様の誘導、オペ器具の洗浄などを担当する場合もあります。助手とはいえ医療に関わる責任感が発生するので上手くやっていけるか不安に思う人もいるでしょう。しかし、看護師が責任を持って仕事を教えてくれるため、スケジュールどおりに丁寧に仕事を進められる人であれば、十分にスキルを身に着けていけるでしょう。

看護助手が大変な仕事と言われているのはなぜ?

看護助手は大変な仕事だといわれがちですが、それは仕事そのものがハードだからです。基本的に看護師は多くの患者に対して的確な処置をおこなっていかなくてはいけない立場なので、一人一人の患者に時間をかけすぎてしまうと業務が滞ってしまいます。そこで看護助手の存在が必要となり、看護師に変わって現場を回していくのですが、割り振られる作業には肉体労働が多くなります。患者や機材を移動させたり、洗濯をしたりと体力を使う仕事も多くあります。看護師の多くは患者の命を預かっており、心身ともに強い緊張状態にあるため、時に指示の口調が強くなってしまうこともあるかもしれません。
ただし、大変なことばかりではなく、患者や看護師に感謝されやりがいを感じることも多くあるでしょう。人間関係が良好な病院であれば、比較的落ち着いて毎日の仕事を進めていくことができるでしょう。

看護助手は無資格でも大丈夫?
必要な経験やスキルはあるの?

派遣で看護助手の仕事に就くために必須の資格は特にありません。また、未経験者であっても経験を積んでいける病院は数多く存在します。看護助手を採用している病院では新人への教育プログラムも徹底しているため、未経験者を雇用することに躊躇がなくなっているといえます。それでも、業務を円滑におこなって医療業界でのキャリアアップを目指すためには、役に立つアルバイト経験をしておくとプラスになるでしょう。たとえば、介護施設のアルバイトなどは多くの点で看護助手の仕事と共通しているので有益な体験となります。また、ホームヘルパーの資格も取得しておくと就職活動の際、有利に運ぶことができます。経験やスキルをアピールして、現場でも結果を出すことができればキャリアアップの道も見えてきます。看護助手としての経験を糧にして、専門学校に入りなおし、正看護師や准看護師として現場に戻ってくるのもキャリアアップ方法の一つでしょう。

看護助手に求められるのは何?
どんな人が向いている?

看護助手に向いている人の特長は、とにかく根気強い人です。病院での仕事は辛いと感じることもあるでしょう。スタッフや患者につらく当たられたり、排泄物の処理など気の進まない業務を任されたり、くじけそうになってしまうこともあるでしょう。しかし、そんなときでも投げ出さずに辛抱強く業務を続けていれば周りの人間からも評価してもらえるようになります。自分本位ではなく、人のことを考えて働ける人も重宝されます。看護助手は、患者が一日でも早く良くなるように看護師をサポートする仕事です。常に「相手は何をして欲しいのか」と先回りして考えることで業務は効率化されますし、相手に喜んでもらうこともできます。受身ではなく自分で考えて行動する能力が求められているといえます。無資格からでも採用される確率が高い看護助手は派遣の仕事として始めるのにおすすめですし、人の役に立ったと手に取るように感じられる貴重な経験になるのではないでしょうか。

職場・職種・活かせるスキルからさがす派遣のお仕事 関連記事

ピックアップコラム

【スタッフサービスグループ】すべてのお仕事を一括検索 【人材をお探しの企業様へ】ご依頼・お問い合わせはこちら