お悩み解決!派遣コラム

お仕事のさがし方や働き方など派遣で働くうえでの色々な疑問や悩みについておこたえします。

CADの仕事で活躍するために!
仕事内容や必要なスキル

職場・職種・活かせるスキルからさがす派遣のお仕事

CADの仕事は、建築物、工業製品、洋服などのさまざまな設計データを、CADソフトを使って入力することです。さまざまな業界で働くことができる点が魅力の一つです。そのため、派遣社員として一つの業界にとらわれずCADの仕事をしたいと考えている人もいるでしょう。そこで、CADの仕事内容や身につくスキル、やりがい、そして将来性などを詳しくご紹介します。

CADの仕事内容とは?

CADとはComputer Aided Designの略称です。パソコン上で設計図を作ったり製図したりするソフトやシステムを指すのが一般的で、コンピューターによる設計支援だと理解すればよいでしょう。派遣でのCADの仕事内容は、設計図をCADデータに入力するオペレーション業務が中心です。機械や部品、建築物、さらにはアパレル分野などさまざまな設計図を読みとってCADデータとして入力することになります。すでにでき上がった設計図を修正する場合もCADが活用されることが多いですし、カタログやパンフレット、プレゼン資料内の立体図や平面図の制作にもCADが積極的に使われるようになってきています。また、3次元アニメーションを制作する際のデータ加工への活用も注目を集めています。派遣でCADオペレーターとして活躍できる仕事は多様化してきているといえるでしょう。

CADの仕事だからこそ感じられるやりがい!

CADの仕事のやりがいとは何でしょう?主なやりがいは2つあります。1つ目は、CADデータを入力してできた設計図が元になって実際に自動車や建物、洋服など形になる喜びです。ものづくりに参加できている実感を味わえるのがCADの仕事とやりがいといえるでしょう。また、ものづくりの過程に参加することによって、完成品に対する愛着がわくのもやりがいの一つでしょう。2つ目は働く業界を選べるという点です。CADが活用されている業界は多様です。建築業界はもちろん工業製品業界やアパレル業界、出版業界などさまざまな業界で積極的にCADが活用されるようになってきています。そのため、自分の関心がある業界で働ける可能性があるのが魅力です。自分が働きたいと考えている業界で仕事ができればやりがいも大きくなるはずです。苦労する点としては、CADソフトの種類が多く、職場によっては違うソフトのオペレーションをマスターする必要があることでしょう。

CADの現状が知りたい!将来性はある?

一昔前のCADシステムは高価でスペックが低く、しかも使い勝手が悪いものもありました。そのため、CADを扱うには高度な専門知識と経験が必要とされていました。しかし、パソコンの機能が向上し、安価で使いやすいソフトウエアが登場したため、扱いやすくなりました。また、震災後の建築需要などの影響により、CADの求人数は増加傾向にあります。そのため雇用形態にとらわれず派遣社員としてもCADオペレーターの仕事に就ける環境になってきました。ただし、パソコンのスペックの向上やソフトウエアの使い勝手が良くなり高度な専門性が要求されなくなってきたため、図面単価は下がる傾向にあるといわれています。将来的には、一部の高度技術者の仕事ではなく一定程度の専門性があればできる仕事になり、建築などの需要動向や3Dアニメーション分野の成長スピードによっては伸びが期待できる分野だといわれています。

身につくスキルとは?CADの仕事をするメリット

CADソフトに関しての知識が得られるスクールなどでは、汎用的なCADの知識について学べることが多いです。メジャーな知識は建築現場などで広く活用されていますので、建築業界でスキルを身につけることで他業界でもCADの仕事がしやすくなるでしょう。また、さまざまな業界で活躍できる可能性があるのがCADの仕事の魅力でもあります。多くの職場を経験することによって、扱えるソフトの数が増え、業界のノウハウを蓄積できる点もメリットといえます。業界によっては不況になる場合もありますが、別の業界で仕事を見つけることができる点もメリットです。さらに、CADの仕事をしていると自分の作ったもの以外の設計図を数多く見ることになります。数多くの設計図を見ることによって設計スキルの向上も期待できます。

目指すなら忘れちゃいけない!必要なスキルや経験

派遣社員としてCADの仕事を目指す場合に忘れてはいけない点が2つあります。1つは、さまざまな業界で活用されているメジャーなCADソフトに関してのスキルを身に着けることです。少なくとも1つの業界におけるCADソフトの活用スキルについて十分な経験を積んでおくことがポイントでしょう。メジャーなCADソフトを使いこんでおけば、別の業界に移った場合でも応用がきくはずです。もう1つは、強みが発揮できる業界ができたらさまざまな業界のCAD業務にも挑戦してみることです。多くの業界のCAD業務を経験することで、継続的に仕事が得やすくなるはずです。

そういった点から考えると、CAD業務に向いている人は「狭く深く」と「広く浅く」のバランスが取れる人といえるでしょう。そうすることがキャリアアップにつながります。CADの仕事は将来性が見込まれる分野ですので、興味がある人はまず初めに派遣でCADの仕事をしてみることをおすすめします。

職場・職種・活かせるスキルからさがす派遣のお仕事 関連記事

ピックアップコラム