お悩み解決!派遣コラム

お仕事のさがし方や働き方など派遣で働くうえでの色々な疑問や悩みについておこたえします。

物流業界で働いてみたい!
仕事内容や求められるスキル

職場・職種・活かせるスキルからさがす派遣のお仕事

物流業界とは商品の運搬だけでなく、商品を倉庫に保管するところから商品が店舗や個人に届くまでの全ての仕事を含むことが一般的です。派遣の仕事も倉庫、工場、事務とさまざまな場所が考えられます。このように物流業界といっても幅が広いのですが、ここでは、できるだけ詳しく簡単に物流についての仕事内容やスキルについて説明をしています。

まずは物流業界について知ろう!
仕組みはどうなっているの?

物流の仕事内容というと、商品の運搬をイメージする人が多いのではないでしょうか。もちろん運搬も物流の大事な仕事のスキルに違いありませんが、それが全てではありません。ただ商品を運ぶことだけではなく、運搬に付随する仕事も総括的にこなすことで、仕事の効率化を図っているのが物流です。具体的には「運搬」に加えて商品の「保管」「荷役」「加工」「梱包・包装」「情報管理」などが含まれています。

「保管」とは、商品の受け渡しの日程を受け取り側と調整し、それまで商品を保管しておくことです。商品によっては冷凍や冷蔵など細かい品質管理が必要な場合もあります。「荷役」とは商品の積み下ろしや倉庫への出し入れ、場合によっては関税の手続きなど運搬時にまつわる作業一般のことです。フォークリフトの資格や経験が役に立つことがあります。
「加工」とはラベルや値札を貼りつけたりする作業、「梱包・包装」は運搬時に商品に傷がつかないように工夫をすることです。「情報管理」は宅配業での番号追跡サービスと同じで、商品の徹底的な管理がされています。物を運搬するだけが物流ではなく、取引先の立場を考えたうえで、運搬会社が機能していくと効率的な仕事が出来るようになります。

物流の仕事は業務の幅が広く、仕事によってはキャリアアップも狙えます。派遣社員として求人がある場合も少なくないでしょう。

物流企画や物流管理の仕事内容は?

物流企画または物流管理とよばれる職業の仕事内容は、前段落で説明した物流の仕組みを運用及び管理する仕事にあたります。具体的には、荷主である取引先と具体的な日程やコストについて交渉をし、実際に配送ルートから商品に必要なサービスまで手配することが仕事になります。取引先と交渉する営業スキルから、会社内の不満を治めたり、効率よく仕事が運ぶように調整を行なったり、さまざまなスキルが必要とされ、キャリアが浅い新人にはなかなか務まらない仕事です。ノウハウが身につけば、派遣として仕事を見つけることも可能でしょう。

物流関係の平均時給はいくら?

リクナビ派遣の調査によると、製造・物流関係の時給は2013年5月の平均で1,085円でした。製造関係の仕事も含まれている点と、物流関係といっても仕事内容や勤務時間、スキル、キャリアなどによって差が大きいため、平均よりも高い時給に期待できるでしょう。

また、全体的に人手不足の傾向があるので、やる気があれば派遣で仕事を見つけるのに困ることはないといわれています。取り扱う荷物に対して知識や配慮が必要である場合には時給が高くなったり、資格が役に立つこともありあます。未経験からでも仕事はありますし、経験を積んで、キャリアアップすることも可能でしょう。

【出典】
リクナビ派遣(2012年11月~2013年5月)
https://haken.rikunabi.com/conts/jikyu/K/detail_41.html

物流業界で働くメリットやデメリット

物流業界で働くメリットとは比較的に仕事を探すことに対して他の職種に比べて容易な傾向にあります。もちろん景気によって仕事量には差が出てくることは考えられますが、商品や荷物の行き来がある以上は、仕事がなくなるということは考えにくいでしょう。

一方、物流業界で働くデメリットは、計画通りに仕事が運ばないことに対するストレスが少なくないことです。思わぬ交通渋滞に巻き込まれたり、ドライバーが事故に遭遇したり、商品の破損や海外からの商品の遅れなど、仕事内容に支障をきたすことも多々起こりえます。物流業界ではそのような好ましくない状況に遭遇しても、的確に対応することができる冷静な判断力が必要とされています。トラブルに対応するスキルを身につけることは、自分のキャリアには有利にはたらくでしょう。

将来性は?物流業界の今後は?

物流業界の仕事内容は多岐にわたりますが、経済活動が営まれる限り、必要とされる業務と考えられます。しかし、その業務内容は変化も激しいでしょう。
物流は大きく陸・海・空に分けることができますが、日本では現在トラックの運搬による物流すなわち陸が一番大きいといわれています。しかし、世の中はどんどんグローバル化されていますし、少子化問題や工場の海外移転が進むなか、海外から日本国内に入ってくる物流が大きく成長する可能性が考えられます。

したがって、派遣として物流業界でキャリアを積むためには、今後は英語や外国語のスキル、通関士の資格や貿易実務検定などが有利になるかもしれません。

物流業界で働くために!求められる経験やスキル

物流業界の仕事とは商品を運搬することだけでなく、商品を保管したり、荷役、加工、梱包、情報管理なども含まれたりすることが多いので、どの業務に関わるかによって仕事内容は大きく変わってきます。仕事内容によっては求められるスキルも当然異なりますが、物流につきものといわれているのがハプニングです。想定外のことが起こっても冷静に対応する姿勢が重要でしょう。

仕事内容によってはフォークリフトや通関士の資格を取得したり、貿易実務検定を受けておいたりすると、派遣での仕事の獲得が有利になると考えられます。海外からの商品を取り扱っている会社では、基本的な英語の読み書き能力を求められるかもしれません。

また商品全体の流れを把握している管理者にはより高いスキルが必要といわれていて、経験を積むことでキャリアアップも目指せます。取引先への営業力と自社内のリーダーシップ力によって両者の調整をする能力が必要とされるでしょう。

職場・職種・活かせるスキルからさがす派遣のお仕事 関連記事

ピックアップコラム