派遣会社に提出する履歴書の書き方は?志望動機や職歴の伝え方をご紹介

派遣会社に提出する履歴書の書き方は?志望動機や職歴の伝え方をご紹介

派遣勤務を希望して派遣会社に登録しようとした時、派遣会社によっては履歴書の提出が求められます。でも、職歴や志望動機について、どのように書けばいいのか、また、正社員の仕事を探す時に用意する履歴書とはどのように違うのか、悩んでいる方も多いでしょう。
そこで、本記事では派遣スタッフとして働くにあたり、履歴書にはどのようなことをどのように書けばよいのか、ポイントを紹介していきます。

履歴書の書き方

派遣会社に提出する履歴書の書き方は?志望動機や職歴の伝え方をご紹介_1

派遣登録の際に提出する履歴書は、派遣会社があなたに合った仕事を探すための重要な材料となります。履歴書の書き方に「絶対これが正しい」というものはありませんが、履歴書は、求職者のこれまでの経験やスキル、そして人柄まで知ることができる重要な書類です。
希望しているお仕事に就けるよう、そして、より条件のよいお仕事に出会えるよう、スキルや経験、資格などが十分に伝わる履歴書を作成することを心がけましょう。

履歴書の記載項目

派遣登録の際に提出する履歴書の内容は、「職歴」と「志望動機」以外は通常の就職活動で提出する履歴書と変わりありません。

■氏名、生年月日
手書きの場合、文字は下手でもよいので丁寧に書くようにします。パソコンの場合は大きめのフォントを使用するといいでしょう。数字やアルファベットは見間違いやすいので、特にはっきりと書きます。

■証明写真
3ヶ月以内に撮った写真を使用します。撮影時は、サングラスや帽子、マスクは取り、顔がはっきりとわかるようにします。ピアスも取ったほうがいいでしょう。また、髪の毛が顔にかからないようにし、襟元も清潔感があるようにします。

■学歴欄
入学年、卒業年は西暦で表記するか、平成や令和などの元号で表記するか統一するようにします。義務教育は卒業年次のみを記載、または省いてもOKです。大学の研究テーマや卒論は、仕事に活かせる内容なら記載してもよいでしょう。休学や中退した場合は理由を簡潔に書くようにします。

■職歴欄
学歴同様、入社年、退職年は西暦か元号のどちらかに統一し、原則としてすべての入社、退社歴を記載します。会社名だけでなく部署、職位、配属されたグループ名も記入し、応募職種に活かせる業務経験があれば書くようにします。
ただし、派遣スタッフでの勤務経験がある場合、正社員の職歴の書き方と異なる部分があります。下記で詳しく解説します。

■志望動機
派遣登録の場合、志望動機は必要ありません。それよりも、「仕事への熱意」に重点をおいて伝えることが大切です。こちらも下記で詳しく解説します。

■資格・免許欄
実務に活かせるもの、自己PRにつながるものは漏れなく記入します。資格と運転免許を持っている場合は、運転免許を先にします。資格・免許を持っていない場合は「特になし」と記載します。

■自己PR欄
これまでの仕事内容から今後の仕事へ結び付く経験や知識を「強み」としてしっかりアピールしましょう。自分で思っている以上に、過去の職歴がしっかりと「強み」になっていることは多いものです。

■趣味・特技欄
仕事に結び付きそうな趣味や特技はもちろん記載するべきですが、そうでなくても、面接担当者と話が弾むきっかけになるかもしれませんので、書いても損はありません。自分の人柄を伝える意味でも、しっかりと記入するようにしましょう。

派遣として就業経験がある場合の職歴の書き方とポイント

派遣会社に提出する履歴書の書き方は?志望動機や職歴の伝え方をご紹介_2

これまでに派遣スタッフとしての就業経験がある場合、職歴欄には次の項目を記載することを意識しましょう。

記載項目

① 派遣元(登録した派遣会社)の会社名
② 派遣先の会社名
③ 部署名・業務内容
④ 契約期間

下記3つのポイントにも気をつけましょう。

「入社」ではなく「就業」

派遣会社には入社するわけではないので「入社」という表現を使いません。
派遣会社(派遣元)に「登録」、そして派遣先で勤務する時には「就業」もしくは「就業開始」という表現を使います。

「退職(退社)」ではなく「派遣期間満了」

派遣スタッフの場合、契約期間満了まで働くのが原則となりますから、「退職(退社)」ではなく「派遣契約満了」と記載します。ただし、「転職先が見つかったから」など、自分の都合で仕事を辞める場合は「一身上の都合により退職」と記載します。

守秘義務

派遣先の会社によっては、秘密保持誓約書の提出を求めることがあり、職歴に派遣先の会社名を記載しない守秘義務が含まれている場合もあります。そのようなケースでは、具体的な表記は避けつつも、「某IT会社」や「○○関連のコンテンツを制作」など、業務内容のイメージが伝わるような言葉を記載するのがポイントです(書き方例C 参照)。守秘義務が含まれているかわからない場合は、派遣登録の際に結んだ契約内容を確認しましょう。

書き方例

例A:正社員、派遣スタッフとして職歴がある場合
正社員と派遣、2つの雇用形態を経験した場合の書き方例を紹介します。
正社員と派遣の書き方の違いを知ることもできます。参考にしてください。



例 B:複数の派遣先での勤務を経験している場合
これまでに就業した派遣先企業が複数あって、スペースが取れない場合は、派遣先企業名、部署名・業務内容、派遣契約期間は簡潔にまとめて記載するようにしましょう。また、派遣先だけではなく、派遣元も複数ある場合は、派遣元ごとにまとめましょう。
必須ではありませんが、詳細は別途、職務経歴書を作成して履歴書に添えるのも方法の一つです。


例 C:守秘義務のある派遣先での勤務を経験している場合

アルバイト歴は職歴には書かない?

アルバイト経験は、基本的に履歴書の職歴欄には書きません。しかし、例外的に次のような場合には記載したほうがよいといえます。

・応募する仕事内容がアルバイト経験と同じ内容の場合
即戦力のある経験者として採用が優遇されるケースがあります。

・アピールできるアルバイト経験がある場合
アルバイトで責任ある仕事を任されたり、長期間同じアルバイト先で働いたりした経験は立派なアピール材料になります。

・過去の職歴がアルバイトのみの場合
アルバイト経験しか職歴がない場合は、記載するようにします。ただし、アルバイト経験として職歴欄に記載するのは、3ヶ月以上勤務したものや、期間は短くても十分な活躍ができたと自負できるものを選びましょう。

・社会保険に加入していた
転職先が雇用保険の手続きをする場合、直近の社会保険に加入していた勤務先名が知られることになります。その時に、履歴書の職歴欄に記載がないと経歴詐称の疑いがもたれる可能性があります。そのため、社会保険に加入していたアルバイト先は記入するようにします。

空白期間の書き方は?

病気や育児、介護、大学・大学院への通学、留学、資格取得など、何らかの理由で就業期間に空白がある場合は、「育児につき休業」「〇〇の介護に専念」などのように記入し、どのような事情で就業が中断されていたのかわかるようにしておきましょう。

志望動機の書き方とポイント

派遣会社に提出する履歴書の書き方は?志望動機や職歴の伝え方をご紹介_3

派遣登録の場合、志望動機は必要ありません。
理由としては派遣スタッフが雇用契約を結ぶ相手が派遣会社であることと、派遣先企業は派遣スタッフのスキルや希望条件と任せたい業務と就業条件が一致しているかを重視して、派遣スタッフの人材を探しているためです。
ただし、派遣先企業でこれまでに培った経験を活かしたい場合は、これまでどのような経験を積んできたのか、派遣先でそれをどのように活かしたいのか具体的に記載しましょう。未経験の仕事へチャレンジしたい場合は、その仕事への関心の高さを伝える内容にします。また。特定の派遣先を希望している場合は、その企業や業務などへの思いを「自分の言葉」で伝えるようにするといいでしょう。「仕事への熱意」に重点をおいて伝えることが大切です。

履歴書を上手に書くためのポイント

派遣会社に提出する履歴書の書き方は?志望動機や職歴の伝え方をご紹介_4

履歴書からは経歴やスキルだけでなく「あなたらしさ」が読み取れます。履歴書の書き方に「これが正しい」というものはありませんが、まず、読み手にとって、読みやすくわかりやすい履歴書を作成することを心がけましょう。その上で、経歴やスキル、あなたの長所や持ち味が魅力的に伝わるよう丁寧に記載しましょう。

派遣社員歴は経歴や職歴欄の行数に合わせて、わかりやすく記載する

派遣スタッフが職歴を書く時、派遣先企業が多いと煩雑になりがちですが、経歴の数に合わせて記載を変えることで、読みやすく、伝わりやすい履歴書に仕上げることができます。
余白を上手に使いながら文字による圧迫感を軽減し、伝えきるべき情報をしっかりと記載するようにしましょう。心得ておきたいのは、担当者が一目見て職歴が理解できるようにすることです。

明るい言葉を選ぶ

明るく前向きな言葉を選ぶことで、文面から明るい印象を持たれる履歴書を書きましょう。「積極的」「社交的」「柔軟」「楽観的」「創造的」などの言葉から、持ち味にフィットする言葉を選びます。
希望職種が補助職、アシスタントであれば「素直」「謙虚」「誠実」「記帳面」「気が利く」「面倒見が良い」「忍耐強い」「飲みこみが早い」「粘り強い」等も適性があることをアピールできる言葉になります。

嘘を書かない

経歴のねつ造は経歴詐称になり、派遣先との派遣契約の解除はもとより派遣元からは登録抹消されることになります。たとえば、中退を卒業と書いたり、働いた期間を事実よりも長めに記載したりしてはいけません。

手書き?パソコンで作成?

履歴書の記載方法については、手書きか、パソコンで作成するか、どちらがいいのか迷われている方も多いでしょう。通常はどちらの様式の履歴書でも採用結果には影響することはありません。しかし、派遣会社によって、手書きかパソコン作成か指定される場合があります。派遣会社に提出する前に確認をしておきましょう。

まとめ

派遣スタッフとして働く最大のメリットは、希望する時間帯、希望する期間をある程度、選べることです。また、正社員をめざす時の足掛かりとして、経験を積むチャンスととらえることもできます。履歴書を作成する際には、派遣で働くことの「意味」を明確にし、持ち味やこれまでの経験や身につけたスキルなどの自分の強みをしっかり記載しましょう。

スタッフサービスグループでは、一人ひとりの経歴をまとめ、経験やスキルの棚卸しをサポートする「キャリアカード」の作成を通じて、職務経歴書作成のサポートも行っています。

ライター:ナカイマミ(編集者・ライター)
求人媒体で求人広告の制作、編集記事の制作に10年以上携わった後、女性誌、生活情報誌、地域活性に関係する媒体などで多くの取材、ライティングを手掛ける。気が付けば、47都道府県を踏破。海外よりも日本が好き。

話題のキーワード

    もっと見る

    お悩み解決!派遣コラム

    お仕事検索

    エリアから探す開閉

    職種から探す開閉

    業種から探す開閉

    こだわりから探す開閉