派遣のお仕事さがしのポイント

派遣で働いた期間の職務経歴書の書き方

職務経歴書とはなんでしょうか?

通常、派遣スタッフは派遣先企業に対して事前面接や履歴書の提出ができません。ただし派遣企業には提出する必要がありますし、一定期間、派遣スタッフとして働いた後に直接雇用に切り替える紹介予定派遣では、履歴書や職務経歴書を提出します。
この職務経歴書を見たことがない人もいるかもしれません。ざっくりいえば経験した仕事の詳細を書いた書類です。「どういう所で働いてきて」「どんなことをしてきた」のか、といったことをメインに書き、履歴書に沿えて提出します
履歴書にも職歴の欄はありますが、記入するのは「いつからいつまで派遣先にいたか」という事実と年月のみで、普通は詳しい内容までは書きません。応募の際に見られるのも「通勤できる場所に住んでいるか」「給与などの待遇面でミスマッチがないか」「読みやすく丁寧に書いているか」といったごく常識的な範囲のことや、学歴を含めたあなたのプロフィールがメインです。

一方、職務経歴書は“経験やスキルについて具体的に書く”ための書類です。履歴書だけでは足りない部分を補うためのものであると同時に、あなた自身をアピールするためのものでもあります。そして企業側も、「仕事に求める経験や実務能力があるか」「希望の職種に対するライフプランを持っているか」「転職の目的が納得できるものであるか」など、求めるスキルがあるかどうか、今後身に付けようと思っているスキルがあるかといった、より実務的な目線からチェックをします
職務経歴書を書くときに気をつけたいのは、アピールしたいポイントを厳選し、読みやすく整理しながら書いていくということです。メリハリなくだらだらと派遣先を並べてしまっては、せっかく積んできた経験も魅力的に捉えてもらえません。職務能力や熱意が伝わらないのは、もったいないことです。
職務経歴書は、手書きではなくパソコンで作成しても構いません。また、スタッフサービスグループではキャリアカードを作っており、職務経歴書作成のサポートをしています。

職務経歴書で履歴書のカバーができる?

特に短期で契約を繰り返し、勤務した企業や派遣先が多い場合は、一般的なフォーマットの履歴書に記入すると、職歴欄が就職、退職の繰り返しで埋まってしまいます。 短期間に何度も職場が変わっているとマイナス評価されやすい、なんて話はよく耳にするところではありますが、これを転じてプラス評価に変えることはできないものでしょうか?

職務経歴書の書き方次第では、十分なリカバーすることができるかもしれません。履歴書とあわせて送る際に「スキルアップのために転職をした」などのポジティブな理由をアピールし、これまでの企業で積んだ経験や成し遂げた実績をしっかりと明記するなどすれば、違ったアプローチをすることができます。特に企業側から提出を求められていなくても、履歴書に同封しても構いません。企業側が求めている能力を示す経歴をまとめれば、「回数の多さも経験の豊富さ」と受け取ってもらえることも期待できます。

職務経歴書の書き方

職務経歴書

平成26年4月1日 ○○太郎

1.応募職種
 海外向け商品の開発や宣伝部門に関わる職

2.最終学歴

 平成22年3月 ●●専門学校◎◎コース部卒

3.職務経歴

 平成22年4月 株式会社Aに登録し、一般事務研修、簿記会計研修を修了
 平成22年6月 派遣社員として株式会社○○商事、管理事務部門に勤務
【事業概要】◎◎自動車の関連会社として、宣伝素材などを作成
【職務内容】主に◎◎自動車の担当者と打ちあわせをしながら、製作物に必要な素材の管理、各部門のスケジュール調整を6人グループのリーダーとして担当。
【実績】新作の●●に関するパンフレットを製作。▲▲モーターショーで約2,000部を配布したほか、一部は翻訳してヨーロッパでも配布


~中略~

4.活かせる能力

製造業、営業それぞれの現場と打ちあわせをしながらスケジュール管理をしてきたため、部署間での意見調整と、円滑にコミュニケーションをとることが得意です。また、在庫管理の経験などから、全体の流れを把握して、順序や、具体的なフローを考えながら仕事を進められます。
また海外における宣伝素材を作っていたため、マーケティング分野における英語表現が得意です。(TOEIC●●点)

5.志望動機

事務職にとって、資料作成などのスキルは重要ですが、営業や広告部門の縁の下の力持ちとして、多くの人が円滑に気持ち良く能力を発揮できる環境を整えることも重要ではないかと考えています。海外という広いフィールドを持つ御社にて、よりやりがいの大きな場所で能力を発揮し、貴社の発展に貢献できるのではないかと考え、応募しました。

ポイントは、どこに勤めたかをアピールするのではなく、これまでにどんなスキルを習得し、新しい就業先で何ができるのか、何をしたいのかを採用担当者にわかりやすく伝えることです。