お悩み解決!派遣コラム

お仕事のさがし方や働き方など派遣で働くうえでの色々な疑問や悩みについておこたえします。

誰でも簡単にできる?
軽作業の仕事内容と魅力

職場・職種・活かせるスキルからさがす派遣のお仕事

軽作業の仕事内容は多岐にわたります。簡単な作業もあれば複雑な作業もありすべてが簡単な作業というわけではありません。荷物を梱包する作業であったり検査であったりとさまざまです。今回は軽作業がどんな仕事なのかに触れつつ、気になる疑問点とその答えをご紹介します。

軽作業ってどんな作業?仕事内容は?

軽作業とは商品の梱包や検品、仕分けなど製造以外に関する作業のことです。軽作業をしてくれる人がいなければ事業も日本の製造も回りません。軽作業の仕事内容は単純なものが多いのですが中には複雑な業務もあります。またイベントの設営や解体などといった力仕事も軽作業に含まれるため体を使って仕事をすることもあります。

軽作業の種類は膨大!作業内容はどんなもの?

ここでは軽作業の種類と仕事内容について説明します。
軽作業には下記のように複数の仕事があります。

「仕分け」は運送業者でよく見られる作業で、送られてくる荷物の配送先を仕分けたり種類別に仕分けたりする作業です。運送業者以外にも生産ラインなどで作業する方もいます。
「梱包」は商品を袋に詰めたり段ボールに入れたりする作業のことです。
「商品管理」は倉庫に入っている在庫を確認したり商品にタグ付けをしたりします。
「組み立て」は生産ラインで部品同士をくっつけてひとつの製品にすることです。
「加工」は機械を使って圧縮などをする作業のため、少しのズレがミスにつながる集中力が必要な仕事です。
「検品・点検」はできあがった製品に不具合がないかを調べるもので製品の質を左右します。
「運搬」は軽トラックを使って在庫を運びます。公道を走る場合は免許が必要になります。
「搬入」は運ばれてきた在庫を倉庫の中や店舗の中に入れる作業です。フォークリフトを使うこともあります。
「設営」はイベント会場などでテントを張ったりステージを作ったりする作業です。イベント終了後に解体するのもセットになっている場合もあります。
「製造」は部品を作ったり食品を作ったりする作業で、お弁当の上に梅干しを乗せる作業など単純作業がメインです。

このように一言で軽作業とくくってもさまざまな種類がありますので、応募したい仕事の内容は必ず確認しましょう。

軽作業のメリットやデメリットは?

軽作業のメリットは「体を動かせる」という点です。デスクワークなどより軽作業のほうが体を動かすことができるためアクティブに働きたい方には向いているでしょう。また忍耐力を鍛えることができます。しかし、単純作業がゆえに飽きてしまう懸念もあり、これが軽作業のデメリットです。また慣れてしまったが故にミスしやすくなってしまうというデメリットもあります。常に緊張感をもって仕事をしないと大きなミスにつながる可能性があるので注意が必要です。

未経験で資格なしでも大丈夫?求められるスキルは?

軽作業は未経験でも特に問題ありません。体力や速さ、正確性が求められる環境のため特に資格なども必要とはされません。求められるスキルは正確性や速さのほかに効率を追い求める姿勢です。初めて派遣で仕事をするという方でも安心して取り組める内容です。
最初にきちんとした研修を用意している会社もあります。研修期間中に適性を見極めてどのような軽作業が向いているかを判断し紹介してくれる派遣会社もあります。軽作業を通じて自身のキャリアアップなどにもつなげることができるほか、自信へとつなげることができることもあります。このように軽作業はだれでも簡単にできる内容です。仕事内容も自分で選べることがありますので1度話だけでも聞いてみてはいかがでしょうか。

職場・職種・活かせるスキルからさがす派遣のお仕事 関連記事

ピックアップコラム

【スタッフサービスグループ】すべてのお仕事を一括検索 【人材をお探しの企業様へ】ご依頼・お問い合わせはこちら