お悩み解決!派遣コラム

お仕事のさがし方や働き方など派遣で働くうえでの色々な疑問や悩みについておこたえします。

ITエンジニアって難しいの?
仕事内容や必要なスキル

職場・職種・活かせるスキルからさがす派遣のお仕事

さまざまな分野でIT化が進むにつれてIT関連の仕事の需要も増えてきています。IT関連の仕事といってもいくつもの職種がありますが、システムを設計する技術者であるITエンジニアも需要の多い職種のひとつです。正社員だけでなく派遣でもITエンジニアを募集しているところは少なくありません。ここでは、ITエンジニアの仕事内容や必要なスキルなどについて詳しく紹介していきます。

システムの設計をする?ITエンジニアの仕事内容とは

ITエンジニアはコンピューターを動かすためのシステムを設計するのが主な仕事であり、派遣社員として働いてもその仕事内容はほとんど同じになります。コンピューターにはそれを動かすためのプログラムがありますがプログラムを作成するのがプログラマーでありそれをハードウェアであるコンピューターと組み合わせてシステムを設計、構築、運用していきます。どのようなシステムが要求されているのかをまずはよく理解してそれに基づいたシステムの基本設計を作成してから実際のシステム構築作業に取りかかります。作成したシステムが設計通りに動作するかどうかをテストし、必要に応じて修正を加えながらシステムを完成させていくのです。派遣先によって仕事の内容は異なりますが、場合によってはプログラミングを任せられることもあります。

開発の流れや行程について!仕事の進め方は?

「ITエンジニアの仕事の流れについて知っておくと仕事内容についての理解を深めるのにも役立ちます。まずは要求分析(ヒアリング)と呼ばれるシステムの要望を把握することから始まります。顧客がどのようなシステムを求めているのか、システムで実現したいことを何度も話し合いを重ねながら調査していきます。それと同時に「そのシステムが実現可能なのかどうか」「具体的にどのような作業が必要なのか」を考えていくのです。その後システムの設計作業に入っていきます。設計がきちんと作成できているとその後のシステムの作成作業がスムーズに進みやすくなります。システム設計が完成したら実際に実装と呼ばれる作業に入っていきます。システムが構築できたらテストを行いシステムが設計通りに作動するかどうかを調べます。テストの段階でミスが見つかると最初のヒアリングもしくは設計の段階までさかのぼり、ミスや漏れがないのかを調査して原因を探します。そこで間違いや原因がわかったら修正を行って再度テストを実施していきます。

ITエンジニアは多種類!職種はこんなにある!

ITエンジニアと一口にいっても仕事内容によってさまざまな職種に分けられます。ITエンジニアの種類と仕事内容について理解しておくとITエンジニアとして一からキャリア形成を考えるのにも役立ちます。SE(システムエンジニア)はクライアントの要求に応じたシステムを構築、設計するのが主な仕事内容になります。ネットワークエンジニアは企業のネットワーク設計や、構築、管理をおこなうのが主な仕事内容であり、データベースエンジニアは、企業のデータベースを運用するためのシステムを構築、設計、管理します。プラットフォームエンジニアはシステムインフラストラクチャの設計、構築、運用、保守だけでなく、システム運用に関連するコンサルティング業務も請け負っています。このようにITエンジニアといっても職種によって仕事内容や扱うシステムの種類が異なるのです。

ITエンジニアのやりがいや魅力

ITエンジニアの仕事の魅力のひとつにお客様からの要望通りのシステムを完成させるということがあげられるでしょう。お客様からシステムに求めることを適切にヒアリングし、作成したシステムを見てお客様が喜んでくれたときにやりがいを感じます。またシステムの構築、設計作業はすべてひとりでおこなうこともありますが、数人で協力して行う仕事もあります。要望通りのシステムが完成できたときはチーム全体で達成感を味わうこともできるのです。ITエンジニアは専門、技術職になりますのでがんばり次第で収入をあげられる職種ですのでそれがやりがいにもつながるでしょう。2017年4月度の「リクルートジョブズ」の派遣スタッフ募集時平均時給調査によると、ITエンジニアの平均時給は高く、SE・プログラマ・ネットワークエンジニアの平均時給は2,406円、運用管理・保守は2,097円となっています。スキルを磨くことによりさらに高い収入を得ることも夢ではありません。

【出典】
2017年4月度 派遣スタッフ募集時平均時給調査(リクルートジョブズ)
http://www.recruitjobs.co.jp/press/docs/pr201705161034.pdf

優秀なITエンジニアは数が少ない?

専門、技術職であるITエンジニアはさまざまなイメージを周囲から持たれています。高度な知識を必要とすることも多いため、頭がよさそう、真面目、高収入といった良いイメージも持たれていますし、マニアックなオタク、自己中心的で協調性に欠けているなどのネガティブなイメージを持たれることも少なくないのです。IT化に伴ってITエンジニアの需要は増えていて今後も不足することが予測されていますが、高収入や安定性を得るためには市場が求めているITエンジニア像を知ることが重要になります。幅広い知識を持ち合わせているITエンジニアもニーズが高い要素のひとつです。ITエンジニアは特定の分野や言語に詳しい方が多いのですが、今後は他分野のシステムや言語との連携が多く出てくると考えられます。他の分野の言語や知識があると作業がスムーズに進みやすくなるため、多様なプロジェクトで重宝されるようになります。

ITエンジニアになるには?!必要とされる能力や心構えは?

今後ITエンジニアとしてスキルを磨いていきたいと考えるのであれば、ITエンジニアに求められる能力や心構えについて知っておくことです。まずITエンジニアとしての仕事をこなすためにはプログラムや言語、システムに関する専門的な知識を身につける必要があります。他にもコミュニケーション能力が求められます。求められるシステムを作成するためには顧客が求めているニーズを正確に把握する必要があるからです。キャリアを積んでプロジェクトを仕切っていく立場になるとマネジメント能力も求められます。集中力と体力がある方はITエンジニアに向いているといえます。よく理系のほうがITエンジニアに向いていると考えられがちですが、文系でも優秀なITエンジニアとして活躍されている方も多いのです。ITエンジニアは今後も需要が見込まれる職種です。いろいろな業界やプロジェクトに携われる派遣という働き方でITエンジニアとしてのスキルやキャリアを積んでいくという道を検討してみてもよいかもしれません。

職場・職種・活かせるスキルからさがす派遣のお仕事 関連記事

ピックアップコラム