お仕事を
探しの方は
こちら
みんなのQ&A お悩み相談

応募・仕事探し

「基礎控除申告書 兼 配偶者控除申告書 兼 所得金額調整控除申告書」とはなんですか?

令和2年より法改正に伴い、年末調整では「扶養控除申告書」「保険料控除申告書」「基礎控除申告書 兼 配偶者控除申告書 兼 所得金額調整控除申告書」の提出が必要となりました。WEBシステムの質問に回答することで、すべての申告が自動で作成されます。

● 給与所得控除の変更
給与収入がある人は、収入額から必要経費とみなされる額が一律で決まっています。それを「給与所得控除額」といいますが、その額が10万円引き下げられました。
また、給与所得控除を受けられる給与収入の上限は1,000万円以下から850万円以下へ、給与所得控除額の上限額は220万円から195万円へと変更されました。

● 基礎控除の変更
これまで、収入がある人は一律38万円の「基礎控除」を受けられましたが、令和2年から10万円引き上げられ、48万円となります。ただし、すべての所得の合計金額に応じて控除額は段階的に減額となり、2,500万円を超過すると基礎控除は受けられません。この改正に伴い、年末調整において基礎控除の適用を受けるために、合計所得金額の見積額を申告することが必要となりました。

● 所得金額調整控除の新設
その年の給与収入が850万円を超える人で、①特別障害者に該当する ②23歳未満の扶養親族がいる ③特別障害者である扶養親族または生計を共にする配偶者がいる のいずれかに該当する場合「所得金額調整控除」が適用されることになりました。(上限15万円)適用を受ける場合は、所得金額調整控除額申告書を提出する必要があります。