お悩み解決!派遣コラム

お仕事のさがし方や働き方など派遣で働くうえでの色々な疑問や悩みについておこたえします。

派遣先の人とはどう付き合う?
職場での人付き合いのポイントとは?

派遣ライフを充実させよう!

毎日過ごす職場で一番重要と言っても過言ではない「人間関係」。人付き合いは避けたくても避けられない大事な要素です。派遣先での人間関係で注意するポイントはどのようなことがあるのでしょうか?あるいは、悩んだときどのように振舞えばよいのでしょうか?詳しく説明します。

人間関係の主な悩み

人間関係の主な悩みは「自分を受け入れてもらえないと感じたとき」に生まれます。
孤独さを感じたり、自分をわかってもらえなかったと思って、凹んだり……。人間関係が培えない自分を責めたりし、人間関係に疲れて、疎ましく感じることが多くなります。

人間関係に疲れてしまう例として……

・自分だけ上司や先輩から認められない

・同僚たちの輪に入ろうとしても、入りづらい空気を感じて近づきづらい

・職場全体が殺伐とした雰囲気で、人間関係を培えない

・近くに相談できる人がいないなど

「相手に受け入れてもらえなかった」「わかってもらえなかった」といって、あなた自身の価値が下がるわけではありません。それは考え方や価値感の違いであり、相手を通して、自分が大切にしていることに気づく機会でもあるはずです。人間関係で悩んだときこそ、自分の内面を見つめなおすチャンスです。

派遣先の人付き合いのポイント

派遣先でも、人の数だけの価値観があります。自分と近い価値観を持つ人もいれば、そうではない人とお仕事をしなくてはならない状況もあるでしょう。また職場特有のルールや文化が、色濃く出ている場合もあります。

派遣先の人付き合いのポイントとしては、

・はきはきとした言葉で話す

・目配り、気配り、心配りを心がける

・サポート業務に徹する

が挙げられます。基本的なことだからこそ、自分自身がしっかりできているか確認しましょう。
人は、自分の価値観と違う人と出会うと、気づいていなかったことに気づかされて感動することもあれば、相手の考え方や価値観に違和感を覚え、戸惑ってしまうこともあるかもしれません。人は基本的には変化に抵抗があり、安心・安全でいたい欲求を無意識的にもっているといわれているので、自分の価値観と違う人と出会うと、警戒してしまう心理が働くことも考えられます。自分と相手と価値観が違うのも、これまでの生き方。自分とは背景が違うからであり、それを認めることが大切です。まずは基本的な行動を見直し、相手を受け入れる姿勢を整えましょう。

派遣先のイベントはどうすればいい?

派遣先のイベントで、何をどのように動けばいいのか戸惑うこともあるかもしれませんよね。新年会、送別会、忘年会など社内イベントの対応方法について、基本的なことをおさえましょう。

最近、新年会、送別会、忘年会など社内イベントを実施しない、あるいは開催されていたとしても参加必須でない場合もあります。しかし、仕事以外で職場の仲間と話すことは、人柄を知る機会でもあり、プライベートの話もすることで信頼関係を培う機会でもあります。このような場に参加することによって、仕事がしやすくなることも考えられます。無理のない範囲で、参加してみるのも良いでしょう。

派遣先のイベント参加にあたり、大切なことがあります。それは、参加するイベントを楽しむ心を持つことです。
仕事なのに、「自分が楽しむの?」と、思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、人は、他の人が楽しんでいる様子を見かけると、「何か楽しいことがあるの?」と「他の人と同じ行動が取りたい」という本能的な欲求が湧くのです。
イベントを開催するならば、活気ある、盛大なイベントになることを願うのが主催者の願いだと思います。自分も楽しみつつ周りを気遣うことを忘れないようにしましょう。
一方で業務時間や範囲外のイベントに参加したくない……と思う方もいるでしょう。そういう場合は、無理をせず周りを気遣いながら丁寧に断りましょう。相手に嫌な思いをさせないことが大切です。

人間関係で悩んだらどうすればいい?

背景が違う人が集まると、「自分と価値観が正反対で苦手意識がある」「思うようなコミュニケーションができない」など、人間関係で悩むこともあることでしょう。
人間関係で悩んだら、「何がいけなかったのだろうか?」「自分はどのようにしていたら悩まずに済んだのだろうか?」「自分の何が悪かったのだろうか?」と、解決先を見出そうと、考えることもあるかもしれませんね。

1つのことに悩んでいたけれど、次から次へと気になることが出て、悩みが深まり、堂々巡りになることも。
自分一人では、解決できない悩みもあるかもしれません。その場合は一人で悩まず、派遣会社の担当に相談する、あるいは、専門家に相談することも大切です。

契約終了後の付き合いについて

契約終了後、派遣元・派遣先の職場の人たちとは、そこで関係が途切れてしまうことがあるかもしれませんし、契約は終了後も続く関係になるかもしれません。

契約終了後、今の人間関係をどうしていきたいのか?はご自身で決めましょう。無理をすることはありません。風通しの悪い人間関係だと、居心地の悪さとなり、「辞める」要因の1つになるかもしれませんが、お互いがリスペクトする人間関係だと、契約終了後も離れることになったとしても、人間関係は続くことが考えられます。

まとめ

仕事の悩みで上位にあがる人間関係の悩み。

1対1であれば、余計に、相手と自分で問題解決をすべきと考えられるかもしれません。個人対個人で解決できるのならば、その範囲で解決する場合もありますが、
問題によっては、部署内で話し合いを持ったほうがいいのか?あるいは、社内会議を持つべき内容であるのかを考える必要があります「自分で何とかしよう」と思い、我慢を続けていると、さらに大きな問題に発展してしまう可能性もあります。

自分で対応することもとても大事ではありますが、場合によっては、社内で取り組んだ方が解決につながりやすいこともあるでしょう。そのため、日ごろから他愛もない会話をできる人を作っておくことも大事になります。

ピックアップコラム