今さら聞けない「働き方改革」とは?具体的な取り組みを紹介!
派遣の基礎知識

記事一覧

今さら聞けない「働き方改革」とは?
具体的な取り組みを紹介!

今さら聞けない「働き方改革」とは?具体的な取り組みを紹介!

長時間労働や非正規労働者の処遇、少子高齢化による労働人口不足など、日本の労働環境には多くの課題があります。そういった課題を解消するため、「一億総活躍社会」を目指して2016年に政府主導で「働き方改革実現推進室」が設置されました。現在、各企業が働き方改革の実現を目指し、さまざまな対策を始めています。今回は、そもそも働き方改革とは何か、その目的や解決策、具体的な取り組み事例についてわかりやすく解説します。

政府が進める働き方改革とは

働き方改革とは、一人ひとりの多様な働き方を可能にすることで、「一億総活躍社会」を実現するための取り組みのことです。
具体的には、長時間労働の是正、非正規雇用労働者の処遇改善など、労働制度を抜本的に改善しようという取り組みのことを指します。それにより、日本人の働くことへの意識そのものを変えていくことを目指しています。

働き方改革の背景と目的

働き方改革がここまで話題となった背景には、職場での長時間労働という問題があります。団塊の世代の高齢化で働き手が少なくなる一方、労働生産性の低さは長年問題視されてきたにもかかわらず、なかなか改善されません。その結果、ますます長時間労働になるといった悪循環に陥っているのです。この問題に危機感を感じた内閣が、本格的に改革に乗り出しました。
もっとも、働き方改革の目的は、単に長時間労働を減らすことではありません。一人ひとりの意思やスキル、ライフスタイルに応じた働き方を選択できるように、つまりワーク・ライフ・バランスが実現することにより、労働者がより良い将来の展望を持てるようになることを狙っています。ひいてはそれが国の経済成長に繋がり、長期的に国民の生活を豊かに安定させることも期待されているのです。

働き方改革で企業が得るメリット

働き方改革は、国を挙げての取り組みであり、以下のようなメリットがあるため企業側の関心も高まっています。

・労働生産性の向上
長時間労働の是正により、短期集中で仕事ができる環境になり業務が効率化されます。そのため一人ひとりの労働時の生産性が向上するでしょう。

・人材確保による収益改善など
多様な勤務体制に対応できるようになると、これまで働くことのできなかった人たちも、人材として確保することができます。人手不足を理由とした営業時間短縮やサービス縮小などの機会損失を防ぐこともでき、安定した利益を継続的にあげていくことが可能です。

働き方改革で労働者が得るメリット

働き方改革は、もちろん労働者にとってもメリットがあります。

・在宅勤務、短時間労働など働き方の多様化
柔軟な勤務形態や就業形態が実現すれば、これまでは働きたいのにそれが困難な環境にいた人も働けるようになるでしょう。

・ワーク・ライフ・バランスの実現
長時間労働が是正され、早く退社できるようになると、仕事と家庭の両立や、趣味の充実などワーク・ライフ・バランスがとれた生活になります。これまでは結婚や出産をきっかけに退職を選んでいた女性も、働き続けることが可能になります。

・生活の安定など
短時間労働や在宅勤務などで働くことで、収入が確保できます。それによって、労働者の生活が安定します。

企業にとっての課題と解決策

それでは、働き方改革により、企業側が具体的に解決しないといけない問題はどのようなものでしょうか?順番に見ていきましょう。

長時間労働

長時間労働による過労死が深刻な問題となっています。働き方改革が注目され始めた時期に、長時間労働を原因とする自殺がマスコミを騒がせたこともあり、より一層対策に力を入れる企業が増えました。解決策としては、働き方の多様化によって、労働力を確保することが挙げられます。
具体的な労働力確保の方法としては、以下ののようなことが考えられるでしょう。

  • ・女性の社会進出支援
  • ・高齢者の労働
  • ・時短勤務の導入

非正規と正社員の格差を減らす

日本の非正規社員の待遇は、正社員の時給換算賃金の約6割といわれています(厚生労働省「非正規雇用の現状と課題」より)。同じ仕事をしていても、非正規・正社員の収入格差が大きく、不公平であるとして問題となっています。解決策としては、非正規社員の待遇を改善することが挙げられます。
具体的には、以下のとおりです。

  • ・「同一労働同一賃金」の実効性の確保
  • ・非正規雇用労働者の正社員化などキャリアアップの推進

労働人口不足

ますます進む高齢化によって、労働人口が減り慢性的な人手不足に陥っています。解決策としては、長時間労働と同様ですが、多様な勤務形態を取り入れることが挙げられます。
具体的には、以下のとおりです。

  • ・高齢者の就労促進
  • ・外国人労働者の雇用
  • ・時短勤務の導入

働き方改革を推進する企業の取り組み

働き方改革のメリットや、解決すべき問題点についてご理解いただけたでしょうか。ただ、結局どのような取り組みをすればいいのか分からないという方も多いでしょう。そこで、各企業の取り組みを具体的に紹介します。

テレワークの導入

テレワークとは、オフィスに出勤して働くのではなく、自宅など任意の場所で仕事を行う制度です。家庭の事情などでオフィスまで通勤できない人を雇用できるので、新たな層の人材確保にも繋がるでしょう。勤務時間の100%をテレワークにする場合もあれば、週に何日かは出社して、それ以外は遠隔で働く場合もあり、働き方に多様性をもたらします。

事業内保育所の開設

保育園に入れなかったため、働くことができない女性のために、事業内保育所を開設している企業もあります。この施策には、女性の活躍促進と待機児童解消の両面のメリットがあります。内閣府も「企業主導型保育事業」を2016年度から開始しており、企業が保育所を開設するハードルは下がりつつあるといえます。

フレックスタイム制の導入

フレックスタイム制とは、労働者が始業・終業時間を自由に選択できる制度です。いつ出社していつ退社してもよい完全フレックスタイム制もあれば、1日の労働時間帯のうち必ず出勤すべき時間(コアタイム)を決めるケース、ある時間の範囲内であればいつ出退勤してもよいフレキシブルタイムなど、さまざまです。この制度を導入することにより、ライフスタイルに合わせた働き方を選択できます。

パートから短時間勤務の正社員への転換

雇用形態をパートから短時間勤務の正社員へ転換することにより、企業側からすると優秀な人材を継続的に確保できます。

まとめ

働き方改革により、これまでの働き方の常識が見直されるようになりました。仕事とプライベートのバランスを考え、少しでも質の高い生活が実現できるようにするためには、政府だけでなく企業の努力も必要です。さまざまなライフステージ(結婚・出産・育児・介護)に対応して、労働者が働き方を自由に選択できる環境を整えられるようにすることで、魅力的な職場にしていきましょう。