お悩み解決!派遣コラム

お仕事のさがし方や働き方など派遣で働くうえでの色々な疑問や悩みについておこたえします。

パソコンの入力作業ができれば大丈夫?
データ入力の仕事内容

職場・職種・活かせるスキルからさがす派遣のお仕事

派遣の求人募集サイトなどをチェックしていると、データ入力の仕事を募集しているのを目にすることがあります。データ入力と一口にいってもその仕事内容はさまざまです。顧客や売上データを所定箇所に入力する、コールセンター業務と兼任して電話で受けた発注や内容を入力する、入力されたデータをチェックするなど多岐にわたっています。データ入力の仕事についてより詳しくみていきましょう。

データ入力ってどんな仕事内容なの?

データ入力は派遣の仕事でも比較的募集が多い職種のひとつですが、仕事内容は派遣先の企業によって異なります。商品やサービスを提供しているメーカーや企業でもよくデータ入力の仕事を募集していますが、仕事内容は主に顧客管理と売上データの入力がメインとなることがほとんどです。規定のフォーマットにサービスや商品の利用者、購入者の情報を詳しく入力して、それを今後のサービスや商品開発、改善に役立てます。ネットショッピングの需要増加に伴って、通信販売サービスを提供する企業でもデータ入力業務を募集していることがよくあります。お客様から受けたオーダーを入力することや発送を手配するだけでなくコールセンター業務と兼任して注文を受けることもあります。データ入力は未経験者も応募できますが一定のタイピングスピードやショートカットスキルを使いこなすことができると、仕事の習熟スピードが早くなります。

データ入力の給与相場は?時給制が基本?

派遣社員としてデータ入力の仕事をする場合はどのぐらいの給与が期待できるのでしょうか。派遣社員の場合、給与は時給制で換算されます。「リクルートジョブズ」の2017年4月の派遣スタッフ募集時平均時給調査によると、三大都市圏で働く場合、派遣のデータ入力の平均時給は、1,404円となっています。時給に関しては勤務先や仕事の内容、勤務時間帯などによって前後することが一般的です。データ入力が主な業務となりそれ以外の業務はおこなわない場合は時給が平均よりも低めになる傾向にあります。データ入力業務に電話対応や庶務といった一般事務の業務が加わると時給も上がるケースがあります。また派遣先によっては、夜勤の勤務時間帯の募集をかけているところもあり、夜勤は深夜勤務手当が加算されますので日勤よりも多く稼ぐことも可能でしょう。データ入力の仕事は未経験者歓迎が多い傾向があるので、事務職としてのキャリアのスタートにすることが可能です。派遣先や仕事内容によっては平均時給よりも高い給料を得る可能性もあります。

【出典】
2017年4月度 派遣スタッフ募集時平均時給調査(リクルートジョブズ)
http://www.recruitjobs.co.jp/info/pdf/pr201705161034.pdf

データ入力の魅力ってどんなもの?身につけられるスキル

派遣で働いてキャリアを積むためにも、仕事を通じてスキルアップを希望する方も多いと考えられます。データ入力の仕事で身につくスキルは派遣先での仕事内容によって異なる場合もありますが、どこの職場で働いてもタイピングスキルを磨くことができます。データ入力の仕事は最初からパソコンスキルを求められない仕事もありますので、仕事をこなしながらより正確に速くタイピングをする技術が身についていきます。また派遣先の企業によっては一般事務の仕事も任せられることがありますので、その際に使用するExcelやWordといったオフィスソフトのスキルも身につけられるといえます。オフィスソフトのスキルを身につけると次の仕事を探すときにそれが経験として加味されますので事務経験者やパソコンスキルを求められる仕事にも応募しやすくなりチャンスが広がります。データ入力の仕事のデメリットとしては長時間同じ姿勢で作業を行うため肩や腰に負担がかかりやすいことや慣れると同じような作業を単調に感じることが挙げられます。

タイピング以外にもある?必要なスキルや資格は?

データ入力の仕事に挑戦するにあたり、タイピングスキルがあったほうが早く仕事を覚えたり多くの仕事量をこなしたりするのに役立ちます。ただタイピングスキルは、データ入力の仕事へ応募するのに必須ではありませんし、データ入力の仕事を続けるうちに身につけることが可能なスキルといえます。またデータ入力の仕事は集中力がある人のほうが向いていると考えられます。データ入力の仕事内容は主にデータを正確に速く入力する作業がメインとなりますので集中して業務に取り組む必要が出てくるからです。他にもパソコンの基本的な操作は知っておいたほうがいいと考えられます。データ入力ではパソコンを使用してデータを入力しますので「ブラインドタッチ」「ショートカットキー」といった基本動作ができたほうが仕事を覚えやすいのです。これは他の仕事でキャリアを積んでいく際にも必要な知識だといえます。

データ入力に適した人材はどんな人?細かい作業が好きなら楽しめる?

データ入力の仕事にも向いているタイプがあります。まず集中力と持久力がある方は向いているといえます。データ入力の仕事内容は大量のデータを正確に速く入力していくことが求められますし、勤務時間も長時間になることが多いからです。加えて、入力作業がメインとはいえ、ある程度のコミュニケーション能力も求められます。データを入力するだけの仕事内容でも周りのスタッフの方ときちんとコミュニケーションが取れないと円滑に仕事を進めることが難しくなりますし、データ入力の仕事内容によっては電話応対やオペレーション業務も兼任となることがあるためです。さらには円滑にコミュニケーションを取るためにも正しい言葉遣いやビジネスマナーを心得ていると業務にも役立ちます。

データ入力から目指すキャリアアップって?

仕事の経験が乏しいと希望する職種に就くことが難しい場合があると考えられます。初めて派遣社員として働くときはこれまでの仕事の経験などが重視されることが多いのが現状です。必ずしも希望する職種に応募できるとは限りませんが、データ入力の仕事は未経験でも挑戦しやすいですからキャリアを積むのにも適した仕事だといえます。データ入力の仕事を通じてタイピングスキル、ビジネスマナー、パソコンスキル、コミュニケーション能力などが磨けます。そこから一般事務や営業事務といった経験を必要とする事務職にキャリアアップすることも可能になるのです。またデータ入力のスキルを磨いてデータ入力のスペシャリストとして働くという選択肢もあります。

ピックアップコラム