お悩み解決!派遣コラム

お仕事のさがし方や働き方など派遣で働くうえでの色々な疑問や悩みについておこたえします。

事務職の代表格であるOA事務!
仕事内容や働くメリット

職場・職種・活かせるスキルからさがす派遣のお仕事

事務職の一つにOA事務と呼ばれる職種があります。一般的にOA事務はパソコンを使った文書作成などのPC作業が中心の仕事です。派遣の仕事にはさまざまな職種がありますが、事務職に就きたいと考えている人も多いでしょう。今回はOA事務についての仕事内容や向き不向き、OA事務の仕事に就くための方法などについてご紹介します。

OA事務の仕事内容は?

事務職の中にもさまざまな職種があり、営業事務や一般事務、経理事務と細分化されています。OA事務も事務職の1つです。OA事務の主な仕事内容は、オフィスでパソコンなどを使用して文書作成などをおこなうことです。OA事務の「OA」とはオフィスオートメーションの略で、職場の効率化のために導入されるパソコンや多機能コピー機などをOA機器と呼んでいます。実際のOA事務はパソコンによる文書作成にとどまりません。データ入力やプレゼンテーション資料作成はもちろん、企業によっては来客対応、文書整理そして電話対応などの一般事務の仕事を含めてOA事務と呼んでいる場合もあります。OA事務の派遣求人に興味を持った場合は、実際の業務内容をよく確認することをおすすめします。

OA事務で働くメリット!キャリアアップをするためには?

派遣社員としてOA事務の仕事をする場合は、少なくともパソコンの文書作成ソフトと表計算ソフトが扱えるスキルが求められると考えた方がよいでしょう。派遣会社が用意している研修などでPCスキルを身につけておく必要があります。また、インターネットによる情報収集能力も求められます。前職で身についた、数多くのパターンの書類や表を作成するノウハウは新しい職場でも活かすことができます。ただし前職で経験したやり方に慣れていると新しいやり方に違和感があるかもしれません。早めに順応することを意識しましょう。OA事務で働くメリットとしては、パソコンの作業能力が上がりスキルアップが図れること、事務作業であるため体力的には楽であることなどがあげられます。

向き不向きはある?OA事務に適した人材

OA事務の仕事に向いている人として、パソコンのスキルが高い人がまず当てはまりますが、その他にも適性があります。それはコミュニケーション能力の高さです。OA事務の仕事をするにあたっては、マニュアルやひな形が用意されているのが一般的ですが、必ずしも定型的な作業ばかりではありません。社内のさまざまな人からの要望に沿って文書作成や表作成などをおこなうこともあります。要望を正しく理解したり、不明点を解消したりしながら作業を進めるためには、コミュニケーションは欠かせません。また、決められたことはきっちりこなしながらも、自分で考えて行動することができる人もOA事務には向いているでしょう。人とのやり取りの中で臨機応変な対応ができることも社内でさまざまな作業を進めていくという点で大切なポイントとなります。

求められていることは?活かせる資格や経験

OA事務の仕事はパソコン作業が中心ですので、パソコンのアプリケーションに関する資格をとるという選択肢もあります。マイクロソフトオフィススペシャリストやパソコン検定などの資格がそれにあたります。ただし、資格がなかったとしても実務能力さえあれば問題ありませんので、派遣会社が提供する研修などで文書作成ソフト、表計算ソフト、そしてプレゼンテーション作成ソフトのスキルを磨くことを優先するとよいでしょう。また、OA事務の仕事の経験は、専門スキルに特化した事務職へ転職する際に役立つはずです。経理関連の資料作成の経験は経理事務の仕事を知れる可能性がありますし、マーケティング資料や販売情報の整理業務が将来営業事務の仕事に役立つこともありえます。また、OA事務作業を通じてさまざまな部署の業務内容を知ることができますので、会社の組織や機能が理解できるようになります。その経験はいまとは違う職種で仕事をする場合にも役立つでしょう。

気になる志望動機の書き方

派遣社員としてOA事務の仕事に就くためにはどうしたらよいのでしょう?ポイントは2つあります。1つは、業務が遂行できるレベルのスキルを身につけること、もう1つは履歴書などに「採用したい!」と思わせる志望動機が書けることです。特に志望動機についてはどう書けばよいのかわからないという人も多いでしょう。派遣会社への応募の場合、企業を選択した理由よりもやりたい業務と活かしたいスキルをアピールすることが重要になります。まずは自分にどんなスキルがあるのかを記載し、以前の経験を具体的に書き添えることをおすすめします。

具体的な経験を記載することによって、採用する側はスキルのレベルを想像しやすくなります。また、強みとなる点をわかりやすく書き、それを活かしたいとアピールすることも忘れないようにしましょう。

ピックアップコラム