派遣ライフを充実させよう!

派遣で生活とのバランスを保つ秘訣

「派遣」という働き方に満足している!?

生活スタイルにあった働き方ができる雇用形態として選ばれている派遣。正社員だとなかなか残業や休日出勤を断りにくいということもありますが、基本的に派遣スタッフは予め希望の就業時間を加味してお仕事を選べるケースや、そもそも残業が少ないポジションでのお仕事が多いので、働きながら自分の時間を確保することができます。
一般社団法人日本人材派遣協会が2014年9月から2014年11月にかけておこなった『派遣社員WEBアンケート調査』によると、派遣で働いている理由として最も多かった回答は、「働く時期や期間を自分で選べるため」の42.5%でした。そのほかにも「残業のない職場やある職場を選べる」が24.8%、「やりたい仕事を多数のなかから選べる」が24.1%となっています。(複数回答)このアンケートでは、今後希望する働き方別に回答者を分けて結果を公表していますが、「当面の間派遣で働きたい」という回答者に絞って結果を見てみると、「働く時期や時間を自分で選べるため」「勤務地を選べるため」 「担当する仕事の範囲が明確なため」などの選択肢を選ぶ割合が他の回答者グループより多くなっています。長く派遣で働きたいと思っている人は、時間やお仕事内容を自分でしっかり把握したり、コントロールしたりできることを大きなメリットととらえていることがわかる結果といえるでしょう。実際、1週間あたりの平均残業時間の質問に対しては、全回答者のうち52.7%が「残業なし」と回答し、半数以上の人が残業のない働き方をしているようです。
そのように自分の時間を確保しやすい働き方をしている結果、派遣スタッフとして働いている仕事内容・やりがいについては「満足」「やや満足」が48.1%と、半数近い人が業務内容に満足していると回答しています。また、約6割の人が当面希望する働き方として「今の派遣先の派遣社員として働く」を選んでいます。このアンケートでは、回答者の8割以上が正社員経験者、中でも約6割が5年以上の正社員経験があるとのこと。この結果を見ると派遣スタッフには、正社員を経験したうえで、生活スタイルにあわせて働くことができるという点に魅力を感じ、満足している人が多い、ということがうかがえます。

生活スタイルにお仕事をあわせられるのが派遣の強み

働いていると毎日がお仕事中心になって、なかなか生活とのバランスがとりづらくなる方も多いのではないでしょうか。「上手く自分の時間を見つけていきたい……」そんなとき、「生活スタイルにお仕事自体をあわせていく」ということができたら素敵ですよね。これを可能にするのが「派遣」という雇用形態です。たとえば、勤務地、勤務時間、勤務日数など、希望にあわせた条件でお仕事を選ぶことができます。フルタイムでの勤務が難しい子育て中のママでも、子育てに影響しない範囲でパートタイムのお仕事を探すことも可能です。また派遣スタッフとして働くことで、派遣会社の福利厚生も利用できます。ベビーシッター利用割引などを福利厚生として取り入れている派遣会社もあります。福利厚生は生活スタイルを保つのに必要な心強いバックアップであり、お仕事と生活のバランスを重視したい派遣スタッフの方にはさらに大きな魅力となることが多いようです。

より充実した生活を送るために

すべてが100点満点の職場というのは、なかなか見つからないでしょう。どんな雇用形態でも、楽しいときもあれば、失敗して落ち込むときもあるのが社会で働くということであり、世の常です。職場というのは各々がそれぞれの役割を果たしてつくられるものですから、派遣スタッフとして派遣先企業に就業上の希望を相談する一方で、時には派遣先からのお願いにも耳を傾ける必要があります。そうしてお互いに協力しあってこそ、過ごしやすい環境というものは育まれていくのです。いつも自分の希望だけを通すわけにもいかない以上、ときにはお仕事で上手くいかず、疲れやストレスがたまってしまう日もあるでしょう。そんな日は、ワークライフバランスを保ちやすい雇用形態ということを上手く活用して、習いごとをしたり、友人とあったり、ショッピングをしたり。家でアロマを焚いてゆっくりとバスタイムを楽しむ……などリフレッシュをすることも時には大切です。お仕事と生活との間にメリハリをつけられる「派遣」は、そうした気持ちの切り替えがしやすいのも特徴であり、自然と心に余裕ができ、お仕事するうえでも成果向上につながっていくのではないでしょうか。

これからお仕事を探す場合は、自分の生活スタイルにあって、ワークライフバランスを維持できそうなお仕事の条件とはどういったものか、考えてみてください。お仕事紹介を担当するコーディネーターに相談することで、働き方の希望や経験・キャリアプランの情報をもとに、自分にあった派遣先企業を選ぶことができます。