派遣に関する保険の知識

派遣スタッフが失業したとき、
失業保険の給付金は受け取れる?

雇用保険に加入し、受給資格を満たせば
基本手当(失業給付)を受給できます

失業保険の給付金は雇用保険に加入していた人が失業し、再就職活動をしているがお仕事に就けない場合で、以下の条件を満たす方は受け取ることができます。
退職日以前の2年間に、雇用保険に加入していた期間のうち、賃金支払の基礎となる日が11日以上ある月が12ヶ月以上あることが条件です。(特定受給資格者や特定理由離職者に該当する場合、条件が緩和されます)
この条件を満たしていれば、管轄の公共職業安定所(ハローワーク)に雇用保険被保険者離職票を提出し、受給資格決定後、失業保険の給付金を受け取ることができます。

自己都合で辞めたケースでは、3ヶ月以上後に支給を開始

自己都合で辞めた場合は、通常の“離職票を提出してから7日後”に、3ヶ月をプラスした期間を経てから、失業保険の給付金が支給されることになります。(状況によっては支給されない場合もあります。)これには離職した日から過去2年間に雇用保険に加入していた月が通算して12ヶ月以上なければならないという条件もあるので要注意です。
ハローワークに提出する離職票には離職理由についての判断が書かれていますが、労働者が納得できない場合には、手続きの際にハローワークで再度調査をしてもらえることもあります。派遣スタッフでも雇用保険に加入して受給資格を満たしていれば失業保険の給付金が受け取れるということをしっかり頭に入れておきましょう。

どうしたら給付金がもらえるの

給付手続きに必要な書類はいくつかありますが、絶対に忘れてならないのが派遣会社から渡される離職票です。この書類に加え、証明写真や印鑑、写真付きの身分証明書、銀行などの通帳などを持って、住民票が置かれている地域を管轄するハローワークを訪ねます
ハローワークでは失業給付の要件を満たしているのかどうかを確認します。雇用保険受給者初回説明会の日時の説明を受け、雇用保険受給資格者のしおりをもらって帰ります。この説明会に出席すると、「雇用保険受給資格者証」と「失業認定申告書」をもらうことができ、第1回目の「失業認定日」も知らされます。この失業認定日にハローワークに来所しなかった場合は、給付金をもらうことはできません
また失業保険の給付金は、失業状態にある人に給付されるものです。この失業状態は、「就職しようとする意思といつでも就職できる能力があるにもかかわらず職業に就けず、積極的に求職活動を行っている状態にある」と定義されています。つまり給付を受けるためには、積極的な就職活動が必要になります。会社都合退職で給付までに7日間しかないケースでも、雇用保険受給者初回説明会の参加が就職活動と見なされての給付なのです。
手続きさえすれば給付受けられるものではないことは、しっかり覚えておきましょう。

失業給付はいったいいくらになるの?

では、肝心の失業保険の給付支給額はいくらになるのでしょう。失業給付を算定する際には、賃金日額が基準となります。ここで大切なのは、基本給ではなく、残業代や手当などすべてを含んだ給料になることです。手取り額とは違い、社会保険料や税金を差し引く前の全部の額が基準になるわけです。この賃金日額(離職した直前の日からさかのぼり6ヶ月間に支払われた給料の合計を180で割って算出された金額)をベースとして、退職時の年齢や賃金日額によって定められた給付率を掛け、1日あたりの失業給付を算出します