年代・ライフステージ別、派遣の働き方

女性が働きやすい派遣のお仕事

「派遣」を選ぶ女性たち

近年では男女の雇用に対する格差も縮まり、女性が活躍できる職場環境が整いつつあります。実際に、結婚や出産といった大きな人生の転換期があっても、女性が正社員で働き続けることは今では珍しくありません。
しかし、そうした中でも、正社員で働く企業を退職し、派遣という働き方を選ぶ女性がいます。「正社員の仕事はなかなか見つからないから」、「正社員だからずっと安心というわけでもないから」といったような消極的な理由ではなく、「自分らしい生き方、そのための働き方」を見つめなおしたうえで、派遣に魅力を感じ、派遣という仕組みを活用している人もいるのです。

派遣という働き方を活用して、就きたいお仕事を手に入れている女性たち

なぜ、派遣という働き方を選ぶ女性が多いのでしょうか。派遣の働き方についてみていきましょう。その大きな特徴として、自分が働きたい場所や勤務時間、職種といった希望を伝えたうえでお仕事を紹介してもらえるので、ミスマッチを防ぐことができるという点があります。例えば、現時点で営業職に従事している方が経理や人事といったお仕事に興味がある場合、正社員では希望を伝えられるような社内制度がないかぎりなかなか異動を実現するのはむずかしく、会社の判断による異動に限られてしまいます。女性は、男性に比べて結婚や出産を機にお仕事に対してより深く見つめなおす傾向があります。長い目でみて「ひとつのお仕事や職種の専門性を高めたい」と考える人は多いのではないでしょうか。
派遣であれば、同じ職種でさまざまなステージの会社で働くことができるので、未経験OKの職場からスタートし、複数の企業の経験を経てスキルアップができます。あらゆる会社の文化の違いや社内ルールがあったとしても、担当している職種が同じであればきっと過去のキャリアも活かせるはずです。

ライフスタイルが変わっても、派遣ならフレキシブルに対応できる

結婚や出産は、女性にとっても男性にとっても大事なライフイベントです。ただお仕事の面で考えた場合、やはり実際に子供を産む立場である女性の方が、ワークライフバランスについてより慎重に考えざるを得ません。配偶者の転勤などでお仕事が変わるということが起こりやすいのも、どちらかといえば女性が多いでしょう。結婚後の転職については、タイミングが難しいと頭を抱える女性が多いのではないでしょうか。
その点、一つの派遣先についてきちんと契約期間が決まっている派遣であれば、先の見通しがなかなかつかない中でも、安心してお仕事に取り組めます。さらに、働けるうちにスキルを積んでおくことができれば、出産や子育てを経て短時間から働きたいと考えたときにも、また同じ派遣会社に相談し、スムーズに復職を叶えることができるでしょう。
さらに介護にあてる時間をどのようにするのかといった問題もあります。もちろん女性だけの問題ではありませんが、傾向としては女性の役割分担が多い傾向にあるようです。
このようなライフスタイルの変化によってお仕事を諦めることはないのです。長期的にフレキシブルな働き方ができるのも、派遣の強みといえます。

やりたいことが決まらない人にも派遣がオススメってどういうこと?

このように自分のライフスタイルにあわせて派遣という働き方を計画的に利用することができます。また、結婚や出産などを考えていなくても、今の自分をさらに能力アップさせて人間関係を広げることは、正社員になりたいという場合にも有利な経験になります。
「何が自分にあっているのかわからない」という方にとっても派遣であればいろいろなお仕事を経験することができます。特に金融・保険業、医療、福祉などの業界は女性の派遣社員が多く就業しています。職種では事務職が多く、女性としての細やかさなどを活かしやすいというお仕事の傾向もあるようです。また「洋服が好き」「接客業がしたい」「広報ってなんか楽しそう」そんな好奇心や興味も天職を見つける足がかりになるかもしれません。女性が多い職場にはそれなりの理由があると思いますし、自分の直感も大切です。まずは派遣会社へ積極的に相談してみてはいかがでしょうか。