派遣のお仕事さがしのポイント

紹介予定派遣の面接!気になる服装は?

みんなはどんな服装でいくの?
気になる紹介予定派遣の面接

紹介予定派遣の面接では、一般的にはどのような服装で行くのでしょうか?
紹介予定派遣とは、最長6ヶ月の派遣期間を経て、派遣先で直接雇用をされることを前提とする働き方です。
(登録型派遣とは違い、紹介予定派遣では派遣先による面接が認められています。)
採用側の企業としては、ゆくゆくは社員として働く人を見極める場となりますので、面接の場では服装にも気をつけたいところですね。ただし新卒の時の就職活動のようなリクルートスーツ・白いシャツ・髪は真っ黒にして結ぶ!というような、「就活ルック」にするのもどうなんだろう・・・と悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。

大切なのは「清潔感」「誠実さ」のある第一印象!

女性の場合、基本的にはスーツですが、色は黒・濃紺・グレーではなくてもベージュやクリーム色など派手すぎない色であれば問題ないでしょう。パンツスーツでも大丈夫なのかどうかで迷う人もいるかもしれません。スカートの方が無難、あるいは営業職ならパンツ、事務職や受付ならスカートといった職種による区分けなどを勧められるケースもあるようですが、必ずしも根拠はないようです。合否の判定に響くケースは、本当はほとんどないといえるでしょう。
なお、インナーは白いシャツでなくても、パステルカラーのシャツやブラウス、薄手のニットなどでもいいようです。
ただし、フリルなどがたくさんついたやや装飾過剰な服装や、胸元があきすぎるものは避けた方がよいでしょう。足元はパンプスで、足先が出るものやかかとがないものは避けましょう。髪型は長ければまとめるなどして、清潔感がある第一印象を目指すといいですね。もちろん、ノーメイクは避けて、ナチュラルなメイクを基本に、暗くなりすぎないようにバランスを整えてください。
男性の場合は、スーツにシャツ・ネクタイ・ビジネス用の革靴で、派手すぎる色や変わった素材のものは避けた方がよいでしょう。業界によっては、その会社で働いている人がかなりカジュアルな服装をしている、ということはあるかもしれません。しかし、あくまで面接の場なので、職場で働いていても違和感のない服装で臨んだ方がよいのではないでしょうか。また、男性の髭は、ビジネスの場ではふさわしくないと考える企業も多いため、剃っておくことをお勧めします。さらに男性にとって注意しなくてはならないのは、匂いです。過度な香水やタバコの匂いなどは、面接官に届いてしまうため、なるべく控えるようにしましょう。口臭などにも配慮し歯磨きなどでしっかり対策しておきます。
男性も女性も、過度なアクセサリーやピアスは控えるようにし、付ける場合も、あくまでもさりげなく目立たないようなものを選ぶようにしましょう。
面接の場では、「この人なら職場に溶け込めるだろう」という安心感を採用担当に持ってもらうことが必要です。過度に個性を主張するのではなく、相手に受け入れられやすい服装と身だしなみを整えて、「清潔感」、「誠実さ」をアピールできるようにしましょう

実際に就業を始めてからの服装は・・・

では、実際に就業することになった場合、毎日の服装はどのようにすればいいのでしょうか。 派遣先の企業の社員にとっては、新人は目立つ存在ですよね。
実際には真面目にお仕事に取り組んでいても、みだしなみや服装のせいで、悪い印象を持たれてしまうのは避けたいところです。ビジネスにふさわしくない華美な服装や、カジュアルすぎる服装にならないようにTPOに気をつけましょう
毎日、面接のときのような服装で出社する必要はありませんが、周りの雰囲気を見ながら社内の雰囲気に馴染んでいくといいでしょう。