派遣のお仕事さがしのポイント

「紹介予定派遣の面接」と「一般企業の面接」の違い

ミスマッチが防げる、紹介予定派遣というステップ

正社員を目指す方法の1つとして、“紹介予定派遣”という働き方があります。この働き方は、派遣先企業に直接雇用されることを前提に、一定期間派遣社員として勤務するというものです。これは2000年の『労働者派遣法』改正から、安定した雇用の実現を目指して、採用内定や試用期間についてのトラブルを減らし、円滑な労働契約の締結をするためにはじめられた仕組みです。
紹介派遣の期間は最長で6ヶ月と決められており、平均は3ヶ月程度となっています。直接雇用後の雇用形態についてはお仕事の紹介時に案内があります。

働く人にとっては、企業の待遇やお仕事内容が自分にあっているかどうかを派遣期間中に見極められるというメリットがあります。また、採用する企業にとっても試験や面接だけではわからないスキルやスタンスなどを実際に確かめられるため、採用後のミスマッチを減らすことができます。また、求職者と企業の間に派遣会社が介在することにより、効率的な就職・採用活動ができる仕組みになっています。

紹介予定派遣では通常の派遣とは違い、派遣採用の面接がある

ここで注意しなければならないのは、紹介予定派遣では採用面接が可能であるということです。派遣スタッフを自社で雇用するという流れになるため、多くの場合、登録型派遣とは違って採用面接がおこなわれ、派遣先には履歴書と職務経歴書が提出されます

紹介予定派遣、面接のポイント

では、具体的に紹介予定派遣の面接と、一般企業の面接とでは、どのような部分が違っているのでしょうか?
まず、どちらにも共通している点として、清潔感を与える服装や髪型、丁寧な言葉遣いや熱意を伝える話し方などが挙げられます。こういった点については、面接時だけではなく普段から心がけていると自然な振る舞いに見えるようになるでしょう。
そして、紹介予定派遣ならではの特徴は、事前にあなたの能力や人間性について、派遣会社の担当者から企業の採用担当者へ情報共有がされていることです。
派遣先企業へ面接に行く前に、どう自分をアピールするのか派遣会社の担当者と話しあい、面接での方向性を決めておくとよいでしょう。

下記に面接準備のポイントや注意点をまとめておきます。
1.これまでのキャリアの中で得たスキルや経験はどのようなものだったのかを整理しておく。 2.採用先の企業の概要をパンフレットやホームページできちんと確認し、いくつか気になる点について質問できるようにしておく。 3.なぜ直接雇用を望むのかなどの理由を明確にしておく。 4.退職理由を以前の会社に対する批判にしない。 5.自分が望むスキルアップやライフプランをしっかりと練り上げ、企業に入る理由としてまとめておく。 6.長期のブランクがある際には、その理由について説明できるようにまとめ、現在は安定して就業できることをアピールすること、ブランク中に身につけたスキルについても説明できるようにしておく。 7.未経験の仕事についても、習得意欲があることや、職種に関連付けられる自分のスキルを説明できるようにしておく。
これらは一般面接以上に気にかけておく必要があります。就業を開始した場合は面接時にアピールした事が、業務中にしっかりと発揮されているかをチェックされます。アピール通りのお仕事ができるように職務を全うすると共に、面接時に過大なアピールや、詳細不明なままの業務を引き受けるといったことは控えるよう心がけましょう。