派遣のお仕事さがしのポイント

派遣で働いた期間の履歴書の書き方

履歴書はあなたの大切なプロフィール

履歴書の書き方には“これが正しい”というルールはありません。あなたのことを企業によりよく知ってもらうためのツールとして、少しでも印象がよく見えるように書きたいものです。そんなときに気になるのが、派遣期間の職歴の書き方です。あまりに多くの職歴を書くと、「この人はひとつの職場で長続きできないのでは?」「人間関係を作るのが苦手なのでは?」と思われないか心配する人も多いようです。しかしその反面、多くのお仕事を経験していることを、「基礎的なスキルが身についている」「いろんな職場に対応できる経験がある」と考える企業もあります。同じ職歴でも書き方によって企業の採用担当者に与えるイメージはずいぶん変わります。履歴書で上手に自分自身をアピールしましょう。

読みやすさを考えながら、派遣登録した企業ごとに職歴をまとめよう

たとえば、派遣会社となるA社にエントリーして3社、次に別の派遣会社のB社にエントリーして2社、派遣先企業で勤務したとします。2社の派遣会社を含めた計7社のすべてを並列に記述すると長くて読みづらくなりますし、登録した派遣元なのか実際に働いた派遣先企業なのかもわかりづらくなります。ゴチャゴチャと書かれた履歴書は、内容以前に「文書をまとめる能力がないのでは」と思われてしまう可能性もあるので、気をつけましょう

1ヶ月未満や2~3ヶ月の勤務先が多い場合は、派遣会社にエントリーした年月日と企業名を大きく書き、派遣先企業はまとめて書くと読みやすいでしょう
また、派遣会社A社に登録し勤務した後、派遣会社B社へ登録を変更した場合は、職務経歴上、派遣会社A社は退職扱いとなります。基本的に、「就職」または「登録」、「退職」または「登録終了」となるのはおおもとの派遣会社についてだけです。派遣先でお仕事に従事することは、「就職」とは表現しませんので、注意しましょう。
派遣先でお仕事に従事したことをなんと表すかについて、「○○に派遣」「○○に出向」などと書く場合もあります。しかし件数が多い場合は、少しくどくなってしまいがち。派遣先については、会社名と部門名だけを記すだけでも充分でしょう。
また同様に、派遣期間が終了した時期について改めて項目を立てると、どうしても全体が長くなってしまいます各派遣先への派遣期間については、括弧書きで表すとスッキリ見えます。
よりわかりやすいように、ひとつの派遣会社で働いている期間のお仕事については文頭を一段下げるなどの見栄えの工夫ができれば効果的です。

下記に一般的な事務職での派遣社員の職歴を、例として書きました。

事務系の職種を選んでスキルアップを目指したAさんの例

平成22年4月 株式会社Aに派遣登録し、派遣スタッフとして次の職務に従事
平成22年6月

株式会社○○商事、管理事務部門(平成22年12月まで)

平成23年1月

△△産業株式会社、総務部(平成23年10月まで)

平成23年11月

□組合、管理事務部門(平成24年3月まで)

平成24年3月 株式会社A人材派遣会社 退職
平成24年5月 B株式会社に派遣登録し、派遣スタッフとして次の職務に従事
平成24年6月

株式会社●●製造、品質管理部門(平成25年3月まで)

平成25年4月

■■グループ株式会社東京本社、経理事務部門(平成26年 月末日で派遣期間満了予定)

ポイントは、情報を正しく漏れがない形でわかりやすく伝える、ということです。特に注目してほしい職歴や、込み入った職歴については業務内容を書き連ねたくなるものですが、その場合は「詳細は別紙の職務経歴書をご参照願います」などと書き、詳しい内容は職務経歴書の方へ書き込みます。簡潔過ぎる履歴書は面接につながらない恐れが出てきてしまいますので、スッキリとした見栄えでも要点がきちんと伝わるよう、項目ごとにメリハリをつけて書くことが大事です。
もし書くべきか悩むような内容があった場合は、派遣会社の担当者に相談してみましょう。