まずはここから!派遣の基礎知識

派遣から正社員になるキャリアステップ

派遣スタッフの多くが意識したことのある「正社員になる」という選択肢。
派遣スタッフとして働いている方にとって、キャリアアップのひとつの手段として、正社員になることを視野に入れている方も多いのではないかと思います。最近では派遣スタッフの専門性も高くなってきており、派遣スタッフとして活躍する中で、重要なお仕事を任されるようになることも少なくありません。そのため、派遣スタッフのキャリアも多様化してきています。必ずしも正社員になることを望まれる方ばかりではないと思いますが、今回は正社員を意識されている派遣スタッフの方向けに具体的にはどんな手段があるのかを見ていきましょう。

直接雇用を前提とした『紹介予定派遣』を利用する

ひとつは正社員や契約社員などいわゆる「直接雇用」を前提としながら、派遣スタッフとして働く『紹介予定派遣』を利用する手段。いきなり正社員として働くと、社内の雰囲気や業務の内容が見えづらいもの。実際に働き始めてから「雰囲気があわない」や「スキルが活かせない」などという不満が出てくることもあります。しかし紹介予定派遣では、最長6ヶ月間は派遣スタッフとして働くことができるので、社内の雰囲気や仕事内容を確認できるというメリットがあります
企業側にとっても即戦力になってもらえるのかという見極めもできるので、紹介予定派遣はスタッフ・企業双方にメリットがある仕組みだといえるでしょう。

派遣スタッフとしての実務を裏付ける資格を取る

もうひとつの方法は、派遣社員として培ってきたスキルを活かして、正社員への転職活動をすること。派遣スタッフとして、各職場で経験してきたさまざまな業務経験が活きそうな職場を見つけ、思い切って応募することです。また、これまでの業務で経験してきたことを裏付ける『資格』を得ておくこともときには有効かもしれません。
『資格を取ること』が正社員への道と言われることもありますが、実際には資格と共に『実務』が重要視されているのです。複数社で派遣スタッフとして働いた方であれば『実務』経験があるとみなされます。その実務経験が本物かどうかを見極めるために、資格を持っているかどうかを見られることもあります。
計画性なく資格だけを取ることはあまりお勧めしませんが、もし今後やりたいお仕事に就くために必要な資格があるのであれば、ぜひ時間を惜しまずチャレンジしてみてはいかがでしょうか
なお、数ある資格のなかでも事務職ではMOSなどワードやエクセルといった基本のOAソフトの資格、英語を使ったお仕事ではTOEIC、経理職を狙うなら日商簿記の資格が人気です。派遣会社でもさまざまなスキルアップ研修を用意しているので、研修を受けて興味を持った内容に挑戦してみるのもいいでしょう。企業によっては独自の資格試験を実施していることもあるので、派遣スタッフの方でも受けることができる試験にはぜひ積極的に挑戦してみましょう。

派遣から正社員になると何が変わるの?

同じ職場で働き続けることになったとしても、派遣から正社員になるとさまざまなことが変わります。まず、雇用期間の定めがなくなるため、労働者派遣法で定められている3年を超えても働き続けることができます。とはいえ正社員にさえなれば、生涯安定という時代は過ぎ去りました。年齢に応じたスキルアップを心がけていないと、いきなりの解雇に慌てることになりかねません。正社員になることで業績への評価もシビアになります。そうした企業からの期待に応えて初めて正社員の地位を確保することができるのです。
また、正社員と派遣の大きな違いにボーナスがあります。多くの場合、派遣スタッフの方に賞与はありませんが、正社員の場合は業績に応じてボーナスが支給されます。ただしサービス残業などをしっかり計算すると、日々の労働の時給が派遣スタッフ時代より下がってしまうケースが少なくありません。

まずは相談してみよう!

どのような道で正社員を目指すとしても、まずはご自身の営業(フォロー)担当に「正社員になりたい」ということを相談することが大切です。過去に担当した派遣スタッフの方で、派遣から社員になった方の事例を持っているはずですし、今後の方向性についても相談できるでしょう。
スタッフサービスではキャリアカウンセラーによるカウンセリングもおこなっています。目標に向かって、自分にとって一番よい方法を見つけましょう。