まずはここから!派遣の基礎知識

登録型派遣と常用型派遣の違いとは

みなさんは「人材派遣」という仕組みが、大きく「登録型派遣」と「常用型派遣」という2つの種類に分かれているのをご存知でしょうか。今回は、仕組みの違いがわかりにくいと言われるこれら「登録型派遣」と「常用型派遣」について見ていくことにしましょう。

派遣先での就業期間中のみ雇用関係が発生する
「登録型派遣」

さて、みなさんは「人材派遣」という言葉を耳にした時、どのような就業形態をイメージされるでしょうか。おそらく多くの方がイメージされているのは「登録型派遣」の形態かと思われます。
登録型派遣の多くは、働こうとする方が、派遣会社にエントリーするところから始まります。派遣会社からお仕事を紹介されて就業決定し、派遣先企業と派遣会社間で結ばれる派遣契約と等しい期間だけ派遣会社と雇用契約を結ぶ形態です。派遣期間が終了したら、雇用契約は終了となります。その後、同じ派遣会社から派遣される場合も、あらためて雇用契約を結ぶことになります。自分のライフスタイルにあわせて希望の時間や期間のお仕事を選べることが、登録型派遣のメリットのひとつです。大手派遣会社の「派遣」は、この登録型派遣を指すことが多いようです。

派遣会社の社員として派遣先に常駐する「常用型派遣」

一方、常用型派遣という制度は、派遣会社の社員として常時雇用している社員を企業に派遣する仕組みです。「派遣」と「常用」という言葉の組みあわせに戸惑う方がいるかもしれません。これは登録型派遣と違い、派遣先企業での就業期間が終了しても、派遣会社と雇用関係は継続しており、雇用関係は終了することなく新たな企業に派遣されます。もし、新たな派遣先がすぐに見つからない場合でも次の派遣先が見つかるまで給与が支払われます。
常用型派遣は専門性を有していて、なおかつ優秀な人材を柔軟に活用したいという企業のニーズにマッチするべく、比較的長期のプロジェクトを抱える研究機関や、情報技術、メーカーの開発部門、設備の工事管理、生産管理など技術系を中心に広く利用されています。
このように常用型派遣に多い職種を挙げると、理系の専門分野が多い印象があるかもしれませんが、経理などの事務系や人事などの管理系や販売のプロフェッショナルを募集しているところもあります。また高齢化社会に伴い、介護など福祉系の専門知識と経験を有する人々の常用型派遣をおこなう会社も見られます。

常用型派遣のメリットは「安定した雇用」と「活かせる専門技能」

常用型派遣で働く最大のメリットは、雇用の安定と待遇面が充実していることです。常用型派遣であれば、派遣会社の社員であることの安定性や交通費の支給があったり、昇給やボーナス、退職金が支給される会社もあります。また、産休や育休を取得しやすいところも派遣で働きたいと願う女性の強い味方だといえるでしょう。 常用型派遣は、高い専門技能を持っている人に特にお勧めの働き方です。ひとつのプロジェクトが終了するたび達成感を得られ、また新鮮な気持ちで違う企業へ向かうことができますし、同じ技能をさまざまな場所で発揮できるということは、幅広い経験を積むことができるはずです。特定分野での豊かなスキルアップが期待できます。 常用型派遣は、正社員と派遣社員、それぞれのメリットを備えた働き方であるといえるでしょう。
スタッフサービスグループでは、登録型派遣とともに【介護職系 http://www.staffservice-medical.jp/entry/fulltime.html】と【事務職系 http://www.022022.net/promotion/career/index.html】、【エンジニア職系 http://www.staffservice-engineering.jp/about/dispatch.html】での常用型派遣のスタッフを募集しています。
大手派遣会社の社員としての安定と、さまざまな職場でキャリアを積める可能性がある常用型派遣のメリットを体験してみませんか?
興味がある方は、ぜひご応募ください。
※常用労働者のみを派遣する特定労働者派遣事業(届出制)は、平成27年9月30日に改正施行された「労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律」によって廃止されることになり(経過措置があります)、労働者派遣事業はすべて許可制になりました。(一般労働者派遣事業で許可を取得している場合は常用派遣を行うこともできます)