採用手法を比較する

新たに人材を採用することを決定し、採用活動を進める際にどの手法が最適と言えるでしょうか?
ここでは、一般的な採用手法を重要視するポイントや利用シーンで比較することができます。
貴社の採用ニーズによってベストな方法は違いますので、「どの手法を選択すれば良いのかわからない!」といった際にぜひご活用ください。

比較したい採用手法を選択してください

採用手法 採用工数と
採用コスト
採用スピード マッチング
精度
特徴
人材派遣

・人材募集や書類選考は派遣会社が行い、コストは就業開始までかからない

・1週間以内に就業することも可能

・任せる業務内容に対応可能な即戦力の人材確保が可能

紹介予定派遣

・人材募集や書類選考は派遣会社が行い、コストは就業開始までかからない

・面接が可能であるため、就業開始まで多少の時間がかかることもある

・派遣期間中に実際の働きぶりを確認することができる

人材紹介

・人材募集や書類選考は人材紹介会社が行い、何度と面接しても採用決定するまで無料

・面接を複数回、またはその他試験を設ける場合は時間がかかる

・経歴やスキルなどの事前情報を厳選することは可能

請負

・依頼した業務の必要人員数の採用は全て請負会社が行う

・契約締結や業務遂行のための体制構築に時間がかかる

・マッチングについても全て請負会社が責任を負う

求人広告

・広告掲載は都度コストがかかるが、必ずエントリーがあるとは限らない

・特にWeb媒体の場合は即掲載が可能であり、早く採用できる可能性がある

・掲載地域を絞ったり、媒体の読者特性を把握することである程度のターゲティングが可能

転職フェア

・会場への出展は都度コストがかかるが、必ずエントリーがあるとは限らない

・イベント当日にある程度選考を進めることで、早く採用できる可能性がある

・最初から対面で自社の魅力を伝えることができるなど、相互理解が深めることができる

SNS
(ソーシャルリクルーティング)

・SNSの開設・運営は原則無料だが、求人内容以外にも常に情報を発信し続ける必要がある

・求職者のみに情報が届くわけではないので即採用につながらないケースもある

・採用前に求職者の趣味嗜好を知れたり、入社前に社風を理解してもらうことができる

リファラル
(知人紹介)

・知人・社員による紹介のためコストがかからないことが多く、通常の採用プロセスを省略することもある

・幅広く募集をかけるわけではないため、候補者が集まりにくいことがある

・知人・社員の紹介という安心感もある反面、確認不足でのちのちミスマッチが起きるリスクもある

ハローワーク

・求人掲載にコストは一切かからないが、掲載申請や書類選考などの各工程で手間がかかる

・掲載情報量が少ないため、採用ターゲットとは異なる応募が多くなる場合がある

・会社と同地域の求職者を採用する場合は有効である

をクリックするとおすすめ順に並べ替えができます

よくあるご質問

もっと見る

お問い合わせから紹介までの流れ※派遣の場合

STEP1

お問い合わせ

Web又はお電話よりお問い合わせ

※Webのお問い合わせは1営業日以内にご連絡いたします。

STEP2

お見積り

訪問等で詳しくご依頼内容を伺った後、正式なお見積りをご提示します。

STEP3

ご紹介

ご依頼確定後、最短3営業日以内に派遣スタッフをご紹介します。

STEP4

開始日決定

双方の合意が確認できましたら、派遣開始日を決定いたします。

就業が開始するまで費用は一切かかりません。

お仕事開始

お問い合わせから最短5営業日以内で就業開始が可能

ご相談・オーダーはこちらから(Web・電話) 急な人材のご依頼、お見積り/資料送付など
最短2分